ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BPOで問題になった番組 朝ズバ、バンキシャ!、明日ママなど

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 政権、スポンサー、芸能事務所など、テレビ局はさまざまなタブーに配慮し、その顔色を窺いながら番組づくりを行っている。そのなかでも、現場の番組スタッフたちがいま、一番恐れているのが「BPO(放送倫理・番組向上機構)」だ。

 過去にBPOで問題になった主なテレビ番組を紹介しよう。

●TBS『みのもんたの朝ズバッ!』(報道)/2007年1月22日放送

 不二家で賞味期限切れチョコレートの再利用があったとの内部告発に関して、取材や演出に問題があったと指摘された。放送倫理検証委員会が初めて手がけた事案で、委員会は「番組は、もっとちゃんと作るべきだ」とする見解を出した。

●日本テレビ『真相報道 バンキシャ!』(報道)/2008年11月23日放送

 岐阜県が発注した土木工事に絡み裏金作りが行われているという建設会社役員の証言をスクープとして報じたが、証言が虚偽であることが判明。放送倫理検証委員会は、日本テレビに検証番組の制作などを求める勧告を出した。

●TBS『情報7days ニュースキャスター』(報道)/2009年4月11日放送

 大阪府の府道と国道との交差点で、大阪府の清掃車が国道を清掃しないようにする映像を、二重行政の象徴的場面として放送したが、通常の作業と異なり、TBSの依頼によるものだったことが判明。放送倫理検証委員会の討議中に総務省が行政指導したことに、同委員長が「重大な懸念」を表明する談話を出した。

●日本テレビ『芸能BANG ザ・ゴールデン』(バラエティ)/2012年5月4日放送

 番組中に「オセロ中島騒動の同居占い師 まもなくスタジオに登場」等のテロップが繰り返し表示されたが、実際に出演したのは別の占い師であり、問題の占い師本人は登場せずに番組が終了。BPOの放送倫理検証委員会が審議対象とすることを決定したのを受けて、日本テレビは打ち切りを決めた。

●フジテレビ『ほこ×たて』(バラエティ)/2013年10月20日放送

 出演者のラジコンカー操縦者が放送後、「対決内容が編集で偽造された」と指摘し、社内調査の結果、番組が打ち切られた事案。放送倫理検証委員会は、「重大な放送倫理違反があった」とする意見を公表した。

●日本テレビ『明日、ママがいない』(ドラマ)/2014年1月15日~放送

 熊本県の慈恵病院が「ドラマが児童養護施設で暮らす子どもたちや職員への人権侵害にあたる」と申し立てをしたところ、放送人権委員会は「個別具体的な子どもらが特定されていない」ため、審議入りしないことを決定した。

●テレビ朝日『報道ステーション』(報道)/2014年9月10日放送

 原子力規制委員会が九州電力川内原発の新規制基準適合を正式決定したニュースにおいて、規制委員会委員長の記者会見の報道内容に事実誤認と不適切な編集があったとして、BPO放送倫理検証委員会が「放送倫理に違反する」との意見を出した。

※SAPIO2015年5月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川内原発報道で4人処分の報ステ 自らBPO申告は自作自演か
過激昼ドラ『幸せの時間』苦情殺到で性描写が質・量とも減少
テレビ番組の現場スタッフがBPOを過剰に恐れる理由とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP