ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

料理番組20年の上沼恵美子 レシピ通り作る大切さ感じている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 番組開始から20年。タレントの上沼恵美子がMCを務め、ゲストとのトークも楽しめる『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』(ABCテレビ朝日放送系 毎週月~金曜13:45~14:00)。収録は一発勝負。打ち合わせから本番まで1本約30分という短さで、1日で10本も撮影。差し替え料理はほぼ使わず、“手軽なのにプロの味”とゲストからも大好評だ。

 タレントの上沼恵美子さんは、ざっくばらんで気取らない人柄が人気。

「主婦感覚を大切に、おしゃべりで先生と視聴者の間をつないだり、ゲストの素顔を引き出したりしています。普段はガーッとしゃべる私ですが、シャイなゲストもいるので、番組では基本、聞き役。20年の間に覚えたえびカレーは私の十八番料理になりました」(上沼さん)

 そんな上沼さんに質問!

Q1:番組を続けていて感じたことは?

「料理に慣れると目分量で調味料を入れるようになりますが、番組を続けるうちに、レシピ通りに作ることの大切さを感じました」

Q2 :いちばんのハプニングは?

「先生が収録中に指を切ったこと。傷口にサッと塩を塗り、出血もせず何事もなかったように料理を続ける姿にびっくりしました」

 調理は放送時間と同じく15分~30分以内でできるものがメイン。差し替え料理は用意はしているが、ほとんど使わない。番組では、和洋中の3賢人が登場する。

「この番組は何より時短&手軽がモットーです」(日本料理担当・岡本健二さん)。

「複数の調味料を使う中華は、基本を応用し、家庭で作りやすいよう工夫して伝えます」(中国料理担当・宮崎耕一さん)。

「家庭で馴染みの薄いフランス料理は、調理工程を簡単にしたり調理師学校とは少し違う料理テクもお伝えしているんですよ」(西洋料理担当・若林知人さん)。

※女性セブン2015年5月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大物司会者続々降板で上沼恵美子「最後までやったる」と奮起
豪邸暮らしの上沼恵美子 ホテルでたびたび寝泊まりをする理由
ダウンタウン ナイナイ岡村のピンチ救うために共演オファー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。