ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ARM、次世代CPU「Cortex-A72」のパフォーマンス情報を公開、Core Mとの比較も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英 ARM が次世代の ARM CPU コア「Cortex-A72」のパフォーマンス情報を公開しました。Cortex-A72 は現行最新の 64bit 対応 CPUである Cortex-A53 の後継となる CPU コアIPで、32bit / 64bit 対応の ARM v8-A アーキテクチャーを採用しており、処理性能や消費電力、4K コンテンツへの対応、IoT 機器との連携を強化しています。Cortex-A72 は TSMC の 16nm FinFET 製造プロセスに対応しており、プロセスの微細化によって Cortex-A15 がターゲットにしている 28nm よりも最大で 75% もの省電力化を実現。スモールコアに Cortex-A53 を採用した場合でも SoC 全体で 40% ~ 60% の省電力になるそうです。また、同じプロセスを採用した場合でも最大 50% の省電力化を見込めるとのこと。性能面では、L2 キャッシュの共有方法の仕様変更、Cortex-A57 よりも高い最高クロック数で動作させることが可能。Cortex-A53 が 最大 2.5GHz であるのに対して、Cortex-A72 は 10% 高いの 2.7GHz で動作。コアあたりの性能は Cotex-A57 よりも 18 ~ 30% 向上しているそうです。ARM はまた、Intel の 14nm Broadwell Core M プロセッサを Cortex-A72 の比較対象にして性能差を公開。シングルスレッドでは Core M に劣るものの、マルチスレッドと RAM パフォーマンスでは Cortex-A72 の方が優位だとアピールしています。しかし、Core M が 4W の消費電力で動作する一方、Cortex-A72 は 1W 未満で動作するとして、省電力さも併せてアピールしています。Source : Ars Technica


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia E4gが香港でも発売
Galaxy S6の後継は背面ツインカメラ仕様?
Cyanogen、Nexus Player用のCyanogenMod 12.1 Nightlyをリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP