ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林麻耶アナ「ぶりっ子」で再ブレイク いじってOKの認識定着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元TBSの小林麻耶アナ(35)が再ブレイクの兆しを見せている。小林アナといえば、学生時代に明石家さんま司会の『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)に出演し、その“ぶりっ子”キャラが話題になった。2003年TBSにアナウンサーとして入社すると、看板番組『チューボーですよ!』や『輝く!日本レコード大賞』の進行役を務めるなど、エースとして活躍。29歳の2009年3月に退社し、フリーアナウンサーとなった。

 しかし独立直後、『総力報道!THE NEWS』(TBS系)のキャスターに就任したが、視聴率で惨敗。同番組は、1年限りで終了となった。テレビ局関係者が話す。

「『女子アナ30歳定年説』は、あながち嘘とは言えません。どんな女子アナも30歳頃になると、バラエティでは使われづらくなってくる。実際、バラエティに引っ張りだこのベテランアナはほとんどいない。制作側は、より若い、よりフレッシュな女子アナを望みますからね。

 小林アナが30歳を目前にニュース番組に挑戦したのも、方向転換の意図があったのでしょう。しかし、それまでほとんど現場に行く経験のなかった彼女に報道番組のキャスターを任せるのは無理があった。残念ながら失敗に終わったのです」

 その後、小林アナはバラエティ番組を中心に出演していたが、徐々に存在感は薄くなり、地上波で見かける機会が激減していた。その状況が劇的に変わったのが、昨年の『バイキング』(フジテレビ系)のレギュラー抜擢だという。

「それまでは、ぶりっ子をどこまで突っ込んでいいのかわからなかったし、ただかわいいだけで許される年齢でもなくなっていた。中途半端な存在だったんです。それが、『バイキング』で、今まで見せてこなかった、“料理ができない”“常識に欠ける”というダメな面をさらけ出したことで、業界内で『イジって良いんだ』という共通認識が生まれ、オファーが殺到しました」

 最近も、『行列のできる法律相談所』『踊る!さんま御殿!!』『笑ってコラえて!』(いずれも日本テレビ系)などゴールデン帯の高視聴率番組に立て続けに出演。いまや、バラエティに欠かせない存在になっている。

「今、ぶりっ子を売りにできるキャラクターは他にいないですからね。『35歳になっても、まだぶりっ子を続けている』という潔さが評価につながっている。どんなことでも続けていると、ひとつの芸に昇華されると証明した感じです。本人は『ぶりっ子しているのではなくて素がこうなんです』と言っていますが、どちらにしろ、特異に見えるのは間違いない。テレビで生き残るためには、大事なことです。

 また、彼女はスタッフ受けが抜群によい。愛想が良いし、人を嫌な気持ちにさせない。だから、同じ番組に呼ばれる確率も高いですよ。女性視聴者や一緒に仕事をしたことのない女性にとっては、鼻につくケースもあるようですが、良くも悪くも気になる存在なんでしょう」

 報道番組で敗れた小林アナが、バラエティでリベンジを果たしている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
鶴太郎や新田恵利らの証言を元に80年代バラエティー考察の書
フリー転身女子アナ 勝ち組は夏目三久、高橋真麻、平井理央
テレ東のPがアイデア量産の秘訣や企画の出し方を伝授する本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。