ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

勝野洋 演技から生き方まで影響を受けた竜雷太の大きな存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビシリーズ『太陽にほえろ!』に刑事役に抜擢されたものの、演技のことをほとんどわからなかった俳優の勝野洋を指導したのは、劇中でも先輩刑事として後輩を指導していた「ゴリさん」こと竜雷太だった。役者として、人として大きな影響を受けた竜について語った勝野の言葉を映画史・時代劇研究家の春日太一氏が綴った連載『役者は言葉で出来ている』からお届けする。

 * * *
 勝野洋はテレビシリーズ『太陽にほえろ!』の新人刑事・通称「テキサス」役に大抜擢された。演技のことはほとんど何も分からなかった勝野を指導したのは、劇中で先輩刑事・通称「ゴリさん」を演じた竜雷太だった。

「カーアクションが多かったのですが、僕は免許を取っていませんでした。お酒をよく飲むもんですから。それで、当時はいつも竜さんの横に座っていたと思います。竜さんはけっこう運転が上手いんですよ。

 竜さんにはいろいろと教わりました。最初はボスに『はい』というセリフすら言えなかったんです。その時に竜さんが『外に出ろ』って。それで裕次郎さんたちに待っていただいて『俺に「はい」って言ってみろ』『はい』『それでいいんだ、できるじゃないか』と竜さんに教えてもらったんですが、いざ撮影隊の前に行くとどうしても不自然になってしまいましたね。

 それから竜さんに言われたのは、『カメラがどこにあるのか意識しろ』ということでした。殴り合いの多い作品でしたが、カメラが横位置にいる時に相手の顔を真っ直ぐ殴ろうとすると当ててないのがバレるんです。相手の顔に被るように殴らないと、殴っているように見えない。そういう殴り方も、竜さんから教わりました。当時は今みたいにあちこちにカメラがあるのと違ってワンカメでしたから、そういう意識も大切だったんです。

 これは、後に時代劇に出るようになってからも役立ちましたね。刀も、抜いた後で相手と交差させないと斬ったように見えないわけですから」

『太陽にほえろ!』出演後、勝野は一躍人気スターにのし上がっていく。そうした中で、勝野を戒めたのもまた、竜だった。

「とんでもない世界に来てしまったと思いました。普通じゃない世界ですよ。いろいろな人が関わって、話しかけてくるわけですから。正直、戸惑いました。

 デビューする少し前に一緒に飲んだ時、竜さんに言われたんです。『必ず勘違いするからな。いいか。お前は絶対に変わるなよ』って。『そうなんですか?』と聞いたら『間違いない』と言い切られました。

 ですから、『絶対に変わらないようにしよう』と、初心を忘れないように心がけてきました。たしかに、いろんな人がチヤホヤしてきたりするんですよ。そういう人は、一番弱い所に来るんです。

 竜さんと約束した時、『お前が十年このまま、今の精神のまま変わらないでいたら、俺は銀座で逆立ちでも何でも、お前の好きなことをやってやる。どこでも連れて行ってやる』と言ってくれたんです。それで十年後に『竜さん、十年経ちました』って報告したら『え、何が』って。『十年変わらないでいたら、銀座で逆立ちしてくれるって言いませんでした?』と言ったら、俺をジッと見るんですよ。それで『うーん、もう十年やれ』と言われまして。

 それで今度は二十年後に報告しに行ったら、随分長い間があって『ごめんなさい』って頭を下げてきたんです。

 竜さんの存在は、僕にとって本当に大きいです」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館刊)が発売中。

※週刊ポスト2015年5月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
勝野洋 『太陽にほえろ!』現場で学んだ露口茂の間の使い方
勝野洋・キャシー中島夫妻 長女の死後に勝野は脱・亭主関白
観光地域とコラボの鉄道会社が発売しているセットきっぷがお得

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP