ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べること趣味の松岡修造 おいしく食べるため体調管理徹底

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 20日、都内で行われた『日清麺職人』新CM発表会に出席した松岡修造(47才)は「子供の時間より妻との時間を大切にしたい」と愛妻家の一面を見せたが、すぐに顔を曇らせてこう続けた。

「食事に誘っても、(妻は)嫌って言うんですよね…。ぼくが話し聞くより食べることに夢中になっちゃうから、一緒に行ってもつまらないって言うんですよ」

 1997年12月に結婚した妻の惠美子さん(49才)は元テレビ東京のアナウンサー。修造との間に3人の子供(長女・15才、長男・10才、次女・9才)がいる。そんな一家と、人気餃子店で居合わせた人物がこう振り返る。

「修造さんはメニューを見るなり、“これと、これと、これ”って指差して決めて。ほんと、すぐだったのよ。それで、メニューを指差しながら、“すいませ~ん! これと、これと、これ!”って大きな声で読みあげて。

 餃子がきてからも、奥さんと子供たちに、“これがよもぎ餃子で、これがチーズ餃子!”って指差して説明して“早く食べちゃいなさいっ!”って言って。奥さんも子供たちも一生懸命、熱い餃子を食べてたわよ。それで、すぐに席を立って、“ごちそうさまでしたっ!”って。もう大嵐のような人でしたよ」

 実は修造がこんなふうになってしまうのは、食べることが唯一の趣味だから。いつもおいしく食べる方法をいろいろ考えているという。

「修造さんは、おいしく食べるために体調を整えるトレーニングをしていて、“勝負”の前に30分から1時間のジョギングがベストと公言しているほどなんです。

 またおいしく食べるための呼吸法というのもあるらしく、まず腹式呼吸を何度か繰り返し、次に空気を吸い込んだ瞬間、食べ物が入ってくる胃を意識しながら“ハッハッ、ハッハッ”と声を出して息を吐き出すんだそうです。そうすると、胃の中がおいしく食べるための最高の状態になるんだとか…(苦笑)」(芸能関係者)

 冒頭の会見で修造は、こんな反省も口にした。

「いちばん大切なことはちゃんと奥さんの話を聞いてあげること。それができていないけど。奥さんに気に入られるのがぼくの課題ですね」

※女性セブン2015年5月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
おいしい餃子の作り方 「合びき肉を買うな」とパラダイス山元
ピザにはちみつをかけるのはチーズとの相性抜群で意外に合う
矢口真里 夫の「餃子食べたい」に張り切って作るとおのろけ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。