ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

50代からのマンションリフォーム 部屋数減らしリビング広く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 子供が巣立って考える“終の住まい”。住みなれた土地を離れるのはイヤと、リフォームを選ぶ夫婦が増えている。片づけや引越しなど、体力が必要なリフォームは、50~60才で行う方が多いよう。そんなリフォーム事情について、三井のリフォーム住生活研究所・所長の西田恭子さんに話を聞いてきた。

 * * *
 子育てが終了した50代以降のリフォームで、まず検討してほしいのが、使わなくなった子供部屋を活用した間取り変更。おすすめは、ワンルームに近い間取りです。

 部屋数を減らして廊下をなくし、そのぶんリビングや玄関スペースを広げます。使いやすくなるのはもちろん、住まいの温度差が少なくなって、ヒートショックも防げます。温度差が体に与えるダメージは大きいため、部分リフォームする場合も断熱は最優先に。

 二重窓にするだけでも全然違います。また、収納は手の届く範囲に。踏み台に乗らないと届かない高さの収納は、使わなくなるうえにケガをする危険も招きます。

 また、バリアフリーとして近年人気なのが引き戸。軽い力で安全に開閉する機能が付いています。

 スライディングウォールや家具などで、ゆるやかに仕切ってプライベートな空間を確保し、将来簡単にひと部屋に戻せる工夫も取り入れてみてください。

※女性セブン2015年5月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
失敗しない部屋探し「夜10時に現地を下見するべき」と専門家
リフォーム中の足場から浸入 防犯システム受注3年前の10倍
孫に「遊びに行きたい」と思わせる家は「広々とした玄関」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP