ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご飯のお供に!極上缶詰BEST3

DATE:
  • ガジェット通信を≫


保存食として生まれた缶詰も、今やバラエティが豊富な時代。なかには立派なご飯のお供になるものも少なくない。そこで世界中の缶詰を知り尽くした缶詰博士(公益社団法人日本缶詰協会公認)・黒川勇人さんに、おすすめの商品を厳選してもらった。

【大きな図表や画像をもっと見る】

■焼き塩さば/千葉産直サービス 367円
銚子港で水揚げされた旬のさばを直火で焼き上げてから、塩と酒だけで味付けを施した。缶詰でありながら焼き魚の香ばしさが感じられ、おふくろの味のような穏やかな幸せが。
一口ごとに、さばの旨みと脂がじわりとあふれ出す。

■おいしい缶詰 豚角煮大根/明治屋 648円
特製の醤油ダレでじっくり煮込んだ、これぞ豚角煮! …な逸品。箸で簡単に切れるほどやわらかい豚肉と芯まで味が染み込んだ大根は、缶詰と思えないほどのクオリティだ。「甘さ控えめの東京風の味付けだから、ごはんとの相性もよく、いくらでも食べられます」と黒川さん。

■K&K缶つまプレミアム 国内産 あなご蒲焼/国分 594円
砂糖、醤油、みりんなどでシンプルに味付けした真あなごは、甘辛いタレが染み込み、口に入れた瞬間に旨みが広がる。魚の臭みはまるでなく、ホロホロと崩れる身の柔らかさがまたいい。タレごと温めて白めしにのせ、きざみのりや粉山椒をかければ絶品あなご丼のできあがりだ。

缶詰においしさは期待できないと思っている人は、一度食べたらそのクオリティの高さに驚くことだろう。最近では缶詰のみをつまみに出す居酒屋も人気を集めているという。種類も豊富で、長期保存も利くため、使い勝手も抜群だ。色々と試して、お気に入りの“ベスト・オブ・ご飯のお供缶”を見つけてみては?
(池田香織/verb)
(R25編集部)

ご飯のお供に!極上缶詰BEST3はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

贅沢「100円缶詰」プチブーム
ワイルドすぎる缶詰の開け方
缶つまグルメ突撃レポート
みんなの好きなご飯ものTOP10
20代男6割「チンするご飯は嫌」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP