体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【超会議2015】『マジック』世界王者はバスケも強い!? 『マジック×バスケやってみた!』に世界チャンプやプロプレイヤーが挑戦!

シャハール選手

4月25日、幕張メッセで開催された『ニコニコ超会議2015』にて、世界初のトレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング 』に新たな歴史が刻まれた。『マジック:ザ・ギャザリング』とは、2人以上のプレイヤーで遊べるカードゲーム。プレイヤーは魔法使いのような存在“プレインズウォーカー”となり“土地”から生み出す魔力の源“マナ”を駆使して“クリーチャー”を召喚したり、呪文を唱えたりして相手の20点のライフを無くしたほうが勝ち、というのが基本的なルールとなっている。1993年に発売され、20年以上も愛され続けてきたこのカードゲームは、あらゆるトレーディングカードゲームの祖としても知られている。

カードゲームといえば友達とワイワイ楽しんだり、真剣勝負の大会に出て腕を競いあったりという遊び方をするのが普通だ。しかし、今回の『ニコニコ超会議2015』では新たなる可能性を秘めた遊び方が提案された。

その名も『マジック×バスケやってみた!』である。

プレインズウォーカー

読んで字の如く、『マジック:ザ・ギャザリング』と球技のバスケットボールを組み合わせた新しいゲームだ。ルールはこうだ。まずは、テーブルの上で『マジック』を通常通りに5分間プレイ。その後コートに移動して1分間バスケットボールをひたすらゴールに叩き込み、得点を記録。お互いの得点を計算し「対戦相手1人は、その点差に等しいライフを失う」か「あなたは、その点差に等しいライフを得る」のどちらかを選択するというのを繰り返していく。極端に言えば、バスケが超得意であれば強豪プレイヤーやプロプレイヤーに勝ててしまうというようなゲームでもあるのだ。

今回、こちらの一風変わったブースに昨年、一昨年と2年連続で世界王者に輝いたシャハール・シェンハー選手が『ニコニコ超会議2015』のためだけに来日してくれた。過去に来日したのがプロツアーというプロの世界大会や、グランプリといったような大規模な大会で訪れた2度のみで、今回が3度目の来日というシャハール選手。世界王者が挑む『マジック×バスケ』は一体どのような試合展開になったのだろうか? 事前に募集していたユーザーとの試合の様子を取材させていただいたのでご紹介しよう。

強みを活かした攻撃で圧倒! 世界王者はやはり強い!

MTG

もう一度ルールをおさらいしておくと、『マジック』を5分プレイした後、1分間のバスケタイムの得失点差を相手へのライフロスか、自分のライフゲインに使用することができるというのが今回のルール。バスケの腕前、体力も重要な要素となってくるこのゲームだが、『マジック』で勝負する以上デッキ選択も重要な鍵を握っている。世界王者であるシャハール選手は『白緑英雄的』デッキという、“クリーチャー”を呪文や能力で強化しながら攻撃するデッキを選択。果たして勝負はどうなったのだろうか。なお、今回シャハール選手のデッキが高速であり、プレイも早かったため特別に『マジック』のプレイ時間は4分間となっている。

1人目の相手は『ティムール(青赤緑)』デッキ。シャハール選手は“クリーチャー”を場に出し、呪文で強化という思い通りの展開をしつつバスケでも5点の点差を生み出して5点ダメージを相手に与えるという圧倒的な強さを見せた。さらに、相手のライフを1点まで追い詰めたあとのバスケタイムで8点のダメージを叩き込んで勝利。『マジック』の世界王者でありつつバスケも強いのはなぜか。それは、シャハール選手の身長が190センチもあるからにほかならない。

バスケ
1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会