ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

敏腕マーケターが語る「いまの時代を生き抜く力」。共通のアイデアをもった「部族」こそが鍵!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

各業界のトップランナーから支持されているスピーチがあります。それがここで紹介する「今の時代に変化を起こし、生き抜いていく方法」です。

Yahoo! USAの元副社長であり、マーケターとしても活躍するセス・ゴーディン氏。彼はマスマーケティングが通じなくなった今、共通のアイデアを持った「部族(集合体)」こそが重要だと話します。そして誰でもそれを率いるリーダーになれる時代になったといいます。

彼は、みんなリーダーになりましょう!と力強く訴えました。

最後に語られる、リーダーに共通する5つのことは、ビジネスを行う上で非常に参考になるものです。彼のスピーチを簡単にまとめると、

1.情熱のある人を集めれば、変化は起こせる

動物虐待防止協会に勤めていたネイザンは、専門家ではないけれど情熱のある人たちと連携することで、革命を起こした。

2.どこでも誰でも、変化を起こせる時代

インターネットの普及により、誰でも集合体を作り、アイデアを広めてムーブメントが起こせる時代になった。今大切なのは大衆向けではなく、少数の心を掴むことだ。

3.リーダーに大切なのは、説得ではなく共感

リーダーになるのは難しくない。考えを押し付けるのではなく、ただ同じ考えの人々を繋げればよい。

4.あなたがリーダーになろう!

現状を変えるために3つの質問とリーダーに共通していることをあげる。難しく考えず、リーダーになって変化を生み出そう。

(実際のスピーチ動画は最下部にあります。)


Reference : Gamerscore Blog

私たちは、現状の中から、気にかかることや改善すべきだと思うことを見つけ、変える必要があります。でも多くの人が、変化を起こす方法を知りません。今日は、そのプロセスについてお話したいと思います。

情熱のある人を集めれば
変化は起こせる

まず、サンフランシスコ動物虐待防止協会(SPCA)のメンバーだったネイザンの話をしましょう。当初、SPCAは市に頼まれ、毎年400万匹もの野良猫や野良犬を処分していました。

ネイザンと彼の上司はこれを見て、耐えられなくなりました。そこで彼らは、動物たちを新しい飼い主に渡すようにし、サンフランシスコを「殺害なし」の街にしようと行動を始めました。誰もがそんなことは不可能だと言いました。

しかし彼らは粘り強く活動を続け、この問題に関心のある人々と直接連携することにしたのです。専門家ではないけれど、情熱のある人たちと、一緒にやったのです。

そのコミュニティの力によって、わずか2~3年後にサンフランシスコは初めて「殺害なし」の街になりました。その後ネイザンは、他のいくつかの都市でもそれを成功させました。

これからの時代には
同じ考えをもつ”部族”が必要だ

今、アイデアが生まれ、そして広がり、定着する過程は変貌し始めていると思います。

その昔、「工場」というアイデアが生まれ、大量生産できる効率的な工場があれば 世界を変えることができると考えられていました。次に「テレビ」というアイデアが生まれ、大きな画面に何度も広告を打てば、勝てると考えられるようになりました。

そして現在、変化を起こすのはお金でもシステムでも、それらを動かす権力でもなく「リーダーシップ」だと思うのです。

以前は大衆に向けて発信する「マスマーケティング」が主流で「平均的なアイデア」が必要とされていました。でも今、この手法は効かなくなってきています。

これからは、仲間や集合体といった「部族」が重要になってきます。今までは近所の部族や職場の部族、コミュニティの部族などに慣れ親しんできましたが、現在はインターネットとマスメディアの進化のおかげで、部族はどこにでもできるようになりました。

繋がりを持ちたいという気持ちがあれば、端っこにいる人たちが互いを見つけ出し、一緒に活動できるようになったのです。

Reference : Katie King

変える価値のある何かを見つけ、部族をまとめあげ、アイデアを広める。広めるためにどんどん大きな集団になる。それが運動(ムーブメント)になります。

全員を味方にする必要はありません。重要なのは、少数でも本当の信奉者を見つけることです。

リーダーに大切なのは
説得ではなく”共感”

この話を聞いて、「でも自分にはとても、リーダーなんて務まらないよ」と思ってしまうかもしれません。

でも違います。リーダーは、同じ考えになるよう説得するものではありません。ただ、あなたに共感した人が自然と集まるだけなのです。


Reference : Rodrigo Soldon

リーダーの共通点は、異端者だということです。彼らは現状を見て「私はこれには耐えられない、従いたくない、どうにか変えたい。」そう思い、自分の気持ちを発信します。

同じように現状に疑問を感じ、誰かと共有したいと強く思っている人たちを繋ぐことで、ムーブメントをリードすることができるのです。

変化を生むために
あなたがリーダーになろう

皆さんに三つの質問をします。

一つ、あなたは誰かの心を乱していますか?誰の心も乱していないなら、あなたは現状を変えられていないということです。

二つ、あなたは誰と繋がっていますか?多くの人にとってそれが生きる意味になります。

三つ、あなたは誰をリードしていますか?リードすることで変化が生まれるのです。

Reference : José Manuel Ríos Valiente

リーダーに共通する5つのコト

それから、リーダーに共通している5つのことをお教えしましょう。

彼らは、「現状に挑戦」します。今そこにあるものを変えようと挑戦するのです。

彼らは「文化をつくる」ことをします。合言葉などで仲間として文化をつくり出すのです。

彼らは「好奇心」を持っています。部族内にも外部者へも興味を持ち人々をつなげる役割をします。

彼らはみな「カリスマ性」を持っています。いないと困る、寂しいと思われる存在です。でも元々カリスマ性がある必要はありません。人々をリードするうちに自然とカリスマ性ができるのです。

そして、彼らは「コミット」します。必ず成し遂げるという決意を、部族に示しやり抜くのです。

みなさん、自分には意味がないと拒否する前にぜひムーブメントを生み出してください。みんな、あなたがリーダーになること望んでいますよ。

ありがとうございました。

Top photo by Steve Jurvetson / Reference:TED Talks

関連記事リンク(外部サイト)

ハーバード大学・人気NO.1講師が語る。毎日2分、たった「21日間」で幸せになる方法
「命令型のリーダーに、人はついて来ない」。天才指揮者に学ぶ、素晴らしいリーダーの条件
「キャリアアップを考えて、仕事を選ぶな」副大統領のスピーチライターが語る、働く上で大切な「3つのコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP