ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

同居後輩が語るピース又吉 タメ口OK、合コンでは無言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 初の本格小説『火花』がベストセラーとなっているお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(34才)。芥川賞の呼び声も高く、作家としての才能を開花させた又吉だが、プライベートはどんな人物なのだろうか。

 現在、又吉は、ジューシーズ・児玉智洋(35才)、パンサー・向井慧(29才)という2人の後輩芸人と、都内の3LDKマンションで同居生活を送っている。テレビでは物静かで、人見知りなイメージが強い又吉だが、普段はそうでもないらしい。児玉が、家での又吉の様子について話す。

「家では寝るとき以外、基本的にリビングで集まっているんですが、又吉さんは全然物静かという感じではなく、むしろ明るいですよ。しかも、ずっとくだらないボケを連発しています。“センスがいい笑い”みたいなものとは真逆ですね。あの雰囲気は多分テレビでは一切出さないと思いますし、あの感じだったら売れないと思います」(以下、「」内同)

『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、児玉が又吉に送ったタメ口のメールが紹介されたことがあったが、先輩後輩の関係とはいえ、普段からものすごくフランクに付き合っているという。

「基本的にぼくは又吉さんにタメ口です。ちなみに、向井もぼくに対してタメ口。本当に友達みたいな感じでつきあわせていただいています。ただ、又吉さんは先輩に対してはものすごくキッチリしてますね。絶対に敬語です」

 後輩にはものすごく優しいという又吉。児玉は一度も怒られたことはないというが、ちょっとだけ嫌なところもあるようだ。

「よくわからない魔除けのお面、天狗のお面、真っ黒いだるま、白いきつねのお面とか、奇妙な置物が山ほどあるんですよ。それが薄気味悪いです。ぼくが掃除の係なんですが、触っていものかどうかもわからなくて、ちょっと怖いですね。あとは、井の頭公園をよく散歩するんですけど、大きな木に勝手に“お局さま”っていう名前をつけて、“今日も一日ありがとうございました”って挨拶させられるんですよ。そういう謎の儀式をさせられるのは、ちょっと困りますね」

 芸人というと、どうしても女遊びが激しいというイメージがあるが、又吉の場合はどうなのだろうか。

「同居を始めるときに“好きな人は家に呼んでいい”というルールを決めたんですよ。ぼくはちょくちょく女の子を呼んでますが、又吉さんが女性を連れてきたことは一切ないですね。あと、以前、1回か2回くらいコンパをしたこともあったんですけど、ほとんど女の子と話しませんでした。趣味が読書だっていう子には、ものすごく食いついて話してましたけど(笑い)」

 基本的には、コンパをしたり、遊びに行ったりするわけでもなく、家のリビングで話していることが多いという3人。いったいどんなことを話しているのだろうか?

「最近は、『火花』について話すことも多かったですね。発売前、又吉さんはどう読まれるのか、どう評価されるのか、すごく不安がってましたね。執筆中は、たまに読ませてもらうこともありました。カフェなんかで、又吉さんが書いている横で、ぼくがご飯を食べてたりなんてこともありましたね」

 3人が同居を始めたのは、2013年の9月。とりあえず同居は2年という約束だったそうで、今年8月には同居を解消してしまうかもしれないというのだが…。

「最近よくその話をするんですが、基本的にはまだまだ同居を続けていけそうな感じです。でも、とにかく心地よすぎて、ちょっと心配なんですけどね。30才を過ぎて、3人とも彼女もいなくて、このままで良いのか?…っていうのはあります」

 独身男3人の生活をエンジョイしている又吉。この心地良い生活が、芸人として、そして作家としての充実ぶりに好影響を与えているのかもしれない。

【ジューシーズ・児玉智洋】
1979年11月生まれ。幼なじみの赤羽健一と、NSCで出会った松橋周太呂とトリオを結成。舞台やバラエティー番組などで活躍中。同期はしずる、ハリセンボン。ネタDVD第2弾『ジューシーズ エキゾチックゾンビのクルクルパジャマ』が4月29日発売。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
絶対泣く! 必ず元気になる!作品をピース又吉が2点紹介
又吉直樹の太宰治好きの友人 予言に従い芥川賞受賞を期待
ピース又吉 後輩との同居では女性連れ込みOKも連れ込みなし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP