ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キユーピー3分クッキング 半年前に料理が決定し何度も試食

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 軽快な音楽に乗って始まるおなじみの『キユーピー3分クッキング』(日本テレビ系、毎週月~土曜の11:45~11:55放送)。2007年から番組講師を務めている料理研究家の石原洋子さんは、番組の裏側をこんな風に明かす。

「同じ食材や同ジャンルの料理が連日続かないように、メニュー決めには苦労しますね。季節先取りが鉄則なので、早い時期からの食材調達も大変。料理自体は事前に何度も試作しますが、話しながら調理する…というのは本当に難しい。豚肉を鶏肉と言ってしまったこともあって…。話すことを忘れないように、収録前は静かにしています(笑い)」

 ちなみに収録までにいたるには入念な準備が行われている。

<収録までのスケジュール>
【約6か月前】 メニュー決定
【約4か月前】 テキスト本作成のための写真撮影
【1週間前】 収録のための打ち合わせ。試作し、放送時の時間調整も考える
【当日】 放送6日分を撮影
(ドライリハーサル)
調理はせず、流れを確認。
(リハーサル)
本番と同様に調理して撮影し、セリフ、撮影時間などを微調整する。
(本番)
「愛は食卓にある…」というナレーションも含め、実際の放送と全く同じ流れで撮影

 そんな『キユーピー3分クッキング』、番組名の由来はなんだったのか?

「1963年1月に放送を開始した当初は“天気予報のように、毎日の献立のヒントを伝えること”をコンセプトに、調理部分は3分間の番組でした」(番組プロデューサー)

 1968年には放送時間が10分に拡大されたが、簡単で便利なレシピというテーマは変わらないので、番組名はそのまま現在に至っている。50年間という長い番組の歴史の中で変化はあったのか?

「今は一般的になった食材も、番組開始当初は高価なものが多く、牛肉の替わりにマトンや鯨肉を使ったことも。1980年代のバブル期には食材が豪華で種類も豊富に。一方、時短を求める風潮の中、だしをとるなど変わらず手間をかける部分も」(番組プロデューサー)

 近年は男性でも料理をする人が増え、担当アナウンサーは男性も起用した。どうしても気になるキユーピーの衣装のこだわりについてだが、実は、セット内にいるキユーピーの衣装は、スタッフの知人による手づくり。2体のコーディネートのバランスも◎。過去の使用分は相当数ストックしている。

※女性セブン2015年5月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
90周年のキユーピーマヨネーズ 「ユ」が大文字の理由とは
キユーピーマヨネーズ 連続値下げで参入した他社圧倒の過去
3分クッキング担当イケメンアナ 千葉ロッテ鈴木大地は同期

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP