ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

競歩世界新・鈴木雄介 今後も警告を一つももらわないつもり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 辰口中2年時に本格的に競歩を始め、小松高3年時にインターハイの5000メートル競歩で優勝。順天堂大学を経て、2010年に富士通入社。3月15日に行なわれた全日本競歩能美大会で1時間16分36秒の世界新記録を樹立した鈴木雄介(27)は、競技に専念しようと昨春、正社員から時間に融通が利く嘱託社員になった。

 毎朝9時半頃から近くのグラウンドや路上で練習すると寮に帰り昼食は自分で作る。午後は治療や筋力トレーニングに時間を使い、夕方1時間ほどジョギングする。規則正しい生活を送り、毎日の練習メニューも自ら立てる。競歩と違う動きを取り入れることにも積極的だ。

「昨年、大阪のスポーツクラブで体幹理論の説明を受けたらバランスボールの上に立つこともすぐに出来るようになりました。ブログで見て興味が湧いたので行ってみたんです。興味を持ったことは何でもやってみる。やっていいと思ったものを吸収して取り入れるんです」

 警告を2つとられてもいいから勝ちたい、という競歩選手が大半のなかで鈴木は究極の美学を求めている。

「僕はこれからも警告をひとつももらいたくない。美しいフォームで優勝することが世界一の競歩選手だと思っています。3月に世界記録を樹立して夢は叶ったのかなとも思いますが、やっぱりオリンピックという大舞台で金メダルが欲しい。今年の北京世界陸上、来年のリオ五輪、再来年のロンドン世界陸上と、3年連続の金メダルを目指すので、応援のときは『雄介』と呼んでもらえると嬉しいですね」

 モットーは「美しく勝つ」。世界記録保持者が目指すのは、競歩での“パーフェクトゲーム”だ。

【プロフィール】すずき・ゆうすけ/1988年1月2日生まれ。石川県出身。辰口中2年時に本格的に競歩を始め、小松高3年時にインターハイの5000メートル競歩で優勝。順天堂大学を経て、2010年に富士通入社。20キロ競歩では2011年テグ世界陸上で8位入賞、2012年ロンドン五輪36位。170センチ、57キロ。

■取材・文/酒井政人 撮影/国府田利光

※週刊ポスト2015年5月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
競歩で世界新記録の鈴木雄介 きっかけは高橋尚子氏への憧れ
競歩世界記録の鈴木雄介 世界一美しいフォーム獲得した方法
競歩20kmで世界新記録の鈴木雄介 失格ゼロの驚くべき実績

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP