ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】夏川草介 シリーズ最新作『神様のカルテ0』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】夏川草介氏/『神様のカルテ0』/小学館/1300円+税

 櫻井翔・宮崎あおい共演で2度映画化され、1~3巻で300万部を突破した、夏川草介氏(37)の大ヒットシリーズ『神様のカルテ』。その原点にして新作短編集『神様のカルテ0』が、約2年半ぶりに刊行された。

 松本で地域医療の最前線に立つ内科医〈栗原一止(いちと)〉と、妻で山岳写真家のハルこと〈榛名〉。2人が暮らす〈御嶽荘〉の住人や医師、患者らが織りなす物語には、いつも通りスーパーマンは一人も登場しない。

 それなのに〈24時間365日対応〉を謳う〈本庄病院〉には患者が引きも切らず、特に〈引きの栗原〉の異名を取る一止の当直日は仮眠を取る間もない忙しさだ。まして漱石好きで少々古風な話し方をする一止はその名の通り、逐一立ち止まっては考えこむ厄介な性格で、患者の死や医療の限界に直面した時、人ゆえに苦しみ心を痛める。

 筆名は夏目漱石+川端康成+『草枕』+芥川龍之介で、夏川草介。自身、信州大学医学部を卒業後、長野県内の救急病院に5年間勤め、白衣のポケットに入れた漱石が激務を支える拠り所だった。そして2009年、『神様のカルテ』でデビュー。本屋大賞第2位に輝くなど大きな話題を呼ぶが、軸足はあくまで地域医療にある。

「時々僕と一止を混同されて困ることもありますが、やっていることは6年前とほとんど変わりません。医者にできることは少なく、その中でできることを考えるしかないのかな、と。ところが世の中ではゴッドハンド的な万能志向ばかりが増幅する一方で、むしろ現場のプレッシャーは年々強くなる感じもしています」

 本書では通称“神カル”の前日譚、4編を所収。まず「有明」では〈信濃大学〉医学部時代の同期〈新藤辰也〉が、学生寮で過ごした最後の夏を語り、「冬山記」では人生に絶望した中年男〈健三〉が、冬の常念岳で独身時代のハルと極限状況を生き抜いた顛末を語る。

 例えば漱石『彼岸過迄』ならぬ「彼岸過ぎまで」の舞台は、後に一止の不眠の元凶ともなる「24時間対応」の赤い看板を掲げた当初の本庄病院。元エリート官僚の事務長〈金山弁次〉は着任早々、救急病院としての生き残りと合理化を推し進め、渾名は〈金庫番〉だ。

 神カル読者にはおなじみの大狸先生こと〈板垣源蔵〉内科部長や、古狐先生こと〈内藤鴨一〉副部長にすれば煙たい存在だが、現代の病院経営が難しいのも事実。特に医療内容ではなく病名に応じて医療費が国庫から支払われる〈包括医療制度〉の導入以降、骨折の患者が肺炎を発症しても出るのは片方の治療費だけ。

 つまり盲腸なら盲腸だけを治して回転率を上げる〈最低限の治療〉が国の方針であり、板垣は思うのだ。〈命は金に代えられないと言いつつも、国庫には金がない〉〈医療は金では換算できない、などと叫んでいるうちに、医療そのものが崩壊してしまっては、本末転倒になる〉

 そしてある時、金山と出くわした板垣は意外な本音を聞く。〈私の仕事は、先生方に完璧な診療を求めることではありません。先生方が完璧に近づけるように環境を整えることにあります〉

「何かと事務方というのは悪者にされがちですが、医療器具の価格交渉まで医者がやらなければならない病院もあって、医者が医療に専念できるのは彼らに守られているおかげなんです」

 答えがないからこそ考え続ける。それが本作の背骨だろうが、第3話「神様のカルテ」では研修医時代の一止が初めて担当した72歳の末期癌患者〈國枝さん〉の言葉が印象的だ。なぜか治療を待ってほしいという元国語教師の自宅を一止は度々訪ね、見事な蔵書を誇る書斎でよく本の話をした。

〈本にはね、先生。「正しい答え」が書いてあるわけではありません〉〈ヒトは、一生のうちで一個の人生しか生きられない。しかし本は、また別の人生があることを我々に教えてくれる。たくさんの小説を読めばたくさんの人生を体験できる〉

 つまり本を読むと〈優しい人間になれる〉のだと、國枝さんは言う。〈優しさは弱さではない。相手が何を考えているのか、考える力を「優しさ」というのです〉

「時々いますよね、腕はよくても患者の気持ちが全くわからない医者が(苦笑)。僕はそういう人をイイ医者とは思わないし、一止が誰の命も救えていないように、不眠不休で頑張っても亡くなる人は亡くなるし、取れない癌は取れない。その無力さこそ、僕らが日々直面している現実なんです」

〈國枝さんには國枝さんのために神様が書いたカルテってのが、もともとあるんだよ。そいつを書き換えることは、人間にはできない〉と大狸先生は言うが、医療や科学の万能性ばかりが注目される今こそ、人間の無力さから語り始める物語の必要性を、夏川氏は説く。

「僕が山や自然の描写から常に物語を書き始めるのも、人間なんて本当にちっぽけだから。元々実家は大阪の核家族で、故郷といった感覚がなく宗教的信仰もない。医療現場ではむしろ神の不在を感じ、親の年金欲しさに延命を望む息子とか、厭な諍いも数多く見ているので漱石が好きなのかも。暗部を露悪的に描く物語はもうお腹一杯だし、人間性への信頼を取り戻す物語を今一度書き直す時代が来てもいいと僕は思っています」

 と、逃げではなく前進のために夏川氏は漱石を持ち歩き、〈困った人がいれば手を差し伸べるのが医療の基本〉と人間として言い切る一止ともども、明日の医療を考え続けるのである。

【著者プロフィール】夏川草介(なつかわ・そうすけ):1978年大阪府生まれ。信州大学医学部卒。内科医。現在も長野県内の一般病院に勤務。2009年『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。本屋大賞第2位となり、2010年『神様のカルテ2』、2012年『神様のカルテ3』と本作を合わせ311万部突破の大ベストセラーに。2011年には映画『神様のカルテ』(深川栄洋監督)が公開。一止を櫻井翔、ハルを宮崎あおいが好演し、2014年公開の『神様のカルテ2』共々大ヒット。168cm、57kg、A型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2015年5月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
戸田恵梨香と宮崎あおい 底の商品タグモロ見えで高級靴台無し
医療崩壊現場が舞台の『チームバチスタ』著者・海堂尊作品
院内での嫁姑バトルが話題沸騰 二派に分かれ患者が急増の病院

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP