ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃の事実】へこんだスタバのカップが意味するものとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

木の板の上に並べられたスタバのカップが2つ。まずは、その目でじっくり見てほしい。

実はこれ、絵なんです。

描いたのは、シンガポール人アーティストのアイバン・フー氏。彼が得意とするのは、細部まで忠実にディテールを再現する表現技法、「ハイパーリアリズム(超写実主義)」。

本物と見紛うアート作品を多数発表しているフー氏だが、驚くことにこれまで一度も美術学校に通ったことがなく、完全に独学でこの技法をマスターしたんだとか。板をキャンバスに用いる理由を尋ねられたフー氏。

「板の上で作業することで、自分は真実に近い“何か”を創りだすアイデアが湧いてくるんです」

なるほど、常人には理解しがたいインスピレーションを彼は感じ取っているようだ。

ありのままの
“リアル”を追求する
ハイパーリアリズムの世界

今にも、こちらに視線が向きそうな鋭い目。これだって、板の上に描かれたもの。

板にぐるぐる巻きにテープは、巻かれていない。

排水口に吸い寄せられる水。

テーブルから落としてしまったチョコレートソース。

生き生きとしたパグの表情。

彼の手にかかると、存在しないものがそこに現れてくるようだ。

Sorry for the lack of post.just back from reservist.Here’s a observational drawing I just completed.#starbucks #pastel on wood.

Ivan Hooさん(@ivanhooart)が投稿した動画 – 2014 8月 9 12:35午前 PDT

他にも、Instagramにはフー氏のリアルな作品が多数。制作風景を写した動画を見れば、思わずため息が出てしまうだろう。

Licensed material used with permission by Ivan Hoo Art

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
「すべてを捧げてひたすら描け」16歳の天才画家が両親から教わったこと
20種の「ドラッグ体験」を、1日ずつ作品に描いていったイラストレーター

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP