ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

疲れやすい人は糖分の摂り過ぎかも… 豚肉や鰻の摂取がベター

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「病院に行くほどではないけれど、何だか具合が悪い」こと、ありますよね。医食同源とはいうものの、そんな時は何を食べればいいのか? 管理栄養士・料理家の岩崎啓子さんと医学博士の石川みずえさんの2人が、親身に教えてくれました。

――年を重ねるにつれて、疲れやすさが増したり、不調を感じることが多くなります。特に女性が気をつけたいこととは?

石川:疲れやすい人に話を聞くと、糖分を摂りすぎているケースが多いですね。菓子パンや甘いものを食べて、それでお腹がいっぱいになって満足してしまうとか。

岩崎:美容にいいイメージが強いせいか、果物を摂りすぎてしまう人も多いようです。

石川:血糖値が上がったり、カロリーオーバーで中性脂肪が増えたりするので、果物であろうと摂りすぎはよくないです。しかも糖分は、代謝する時にビタミンBを使ってしまいます。

岩崎:疲れている時は、甘いものよりも、ビタミンB群の豊富な豚肉やうなぎを食べた方がいいですよね。

石川:そうなんです。疲労回復のために、ビタミンBは大事な要素。

岩崎:疲れやすさ以外だと、頑張ってもなかなかコレステロール値が下がらないという話もよく耳にします。

石川:年齢が高くなるとホルモンバランスが変わってくるので、気をつけていてもコレステロール値が上がりやすくはなりますね。

岩崎:普段からバランスのよい食事を心がけていれば、極端な数値にはなりにくいですよね。

石川:そうですね。

――おふたりが食生活で心がけていることは?

石川:なるべく旬のものを食べるようにしています。野菜はたくさん摂っているので、たんぱく質をどう摂るか、つまり肉や魚をうまく交ぜて、栄養が偏らないよう注意しています。

岩崎:旬の野菜は栄養価が高いだけでなく、味が濃くておいしいんですよね。私も季節ごとの食材の味を、きちんと楽しむようにしています。

石川:“ちゃんとしたもの”を食べるのって大切ですよね。

岩崎:ファストフードや加工食品を忙しい時に上手に使うのはいいと思うのですが、多用はおすすめできませんね。ジャンキーな味に慣れてしまうでしょうし。

石川:飲み物にしても、ジュースやコーヒーなど「甘さ控えめ」とうたっていても、実際はかなり糖分が入っています。

岩崎:4月から食品表示規制が緩和されたので、今後そうした傾向は強まるかもしれません。自分で情報を求めていかないと、体にいいものが摂りにくくなりそうです。

――体調が悪くなると、食生活の大事さを痛感します。

石川:女性は自分の食事は手軽に済ませてしまいがちだから、気をつけた方がいいですね。

岩崎:深刻な状態なら病院に行かないといけませんが、「だるいけれど、何か食べておかないと」という時、ちょっとしたことでいいので、工夫することをおすすめしたいです。つくる元気がなくてサンドイッチで済ますのであれば、「たんぱく質の高いチーズを入れておこう」とか。

石川:食養生によって病院へ行かずに済むということはあると思います。それとともに、「不調」の種類を自分で分類できることも大切です。「疲れた」時に栄養価の高いものを摂るのがいいのか、胃腸も疲れていて消化のよいものを摂った方がいいのか。人により状況によって異なります。自分の体とよく対話してほしいですね。

岩崎:若い人にはわかりづらいかもしれませんが、年を追うごとに自分のパターンがつかみやすくなると思います。

※女性セブン2015年5月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本では体に良い食べ物がなぜコロコロ変わるのか分析した本
食べログの活用術 「自分の好みに近いレビュアーを見つけよ」
女性の心理 3900円のブラウスを「高い」と言われると嬉しい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。