ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沢木耕太郎が「バカラ」をテーマにした小説で伝えたかったこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜深夜の番組「GROWING REED」(ナビゲーター:岡田准一)。4月26日のオンエアでは、作家・ルポライターの沢木耕太郎さんが登場します。

8年ぶりにゲストとして登場ゲストの沢木さん。ナビゲーターの岡田さんが、ゲストに徹底的に質問する同番組ですが、番組前半は、沢木さんが岡田さんに質問していくという立場逆転の展開に……。

『深夜特急』の著者としても知られる沢木さんですが、番組の後半では、昨年の秋に発売されたギャンブル「バカラ」をテーマにした小説『波の音が消えるまで』についての話題に。

「バカラをやっていると、自分というものが見えて来る。自分がどうしてここで、こういう風に賭けているか見ていくと、自分というのがどういう人間なのか分かる」(沢木さん)

博打を通して、自分や人の気持ちの動きを「見る」ことに繋がる面白さや重要性とは何なのでしょう。そして、収録を終えた岡田さんが「(沢木さんは)やっぱり、達人なんですよね」と話すその理由とは? 気になる内容はオンエアでチェックしてみてください!

【関連サイト】
「GROWING REED」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/growingreed/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP