ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

競歩世界記録の鈴木雄介 世界一美しいフォーム獲得した方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月15日に行なわれた全日本競歩能美大会で1時間16分36秒の世界新記録を樹立した鈴木雄介(27/富士通)。圧倒的な速さを生み出すのは、「世界一美しい」と評される彼のフォームだ。競歩は審判員の厳しいチェックのもとに試合が進められる。「常にどちらかの足が地面に接していること」「接地した脚は地面と垂直になるまで膝を伸ばすこと」が義務づけられ、警告3回で失格となる。

 トップ選手の参加する大会でも約1割が失格になり、速さだけでは競歩という種目を制すことはできない。競歩を始めて13年。「一度も失格のない」美しいフォームはどのように身についたのか。鈴木は話す。

「僕は身体も硬いほうだし、身体能力は高いほうではないと思います。けれどイメージ通りに身体を動かす器用さには自信があります。憧れの競歩の選手はアトランタ五輪金メダルのジェファーソン・ペレス選手。力強さとしなやかさが共存している彼のフォームをイメージしながら練習しています」

 取材当日、鈴木は朝9時半に練習を始め、持久力を高めるための3000メートルインターバルを6本こなした。1キロ4分5秒から3分50秒へとペースを上げていき、今村文男コーチの撮影する動画を繰り返し確認した。

「自分がすごく努力しているという意識は一切ないですね。常に気持ちの上では余裕があるので、どんなトレーニングをしても疲労感は残りません」

【プロフィール】すずき・ゆうすけ/1988年1月2日生まれ。石川県出身。辰口中2年時に本格的に競歩を始め、小松高3年時にインターハイの5000メートル競歩で優勝。順天堂大学を経て、2010年に富士通入社。20キロ競歩では2011年テグ世界陸上で8位入賞、2012年ロンドン五輪36位。170センチ、57キロ。

■取材・文/酒井政人 撮影/国府田利光

※週刊ポスト2015年5月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
競歩20kmで世界新記録の鈴木雄介 失格ゼロの驚くべき実績
競歩で世界新記録の鈴木雄介 きっかけは高橋尚子氏への憧れ
金田正一と米田哲也は軽く投げて160キロ台と小山正明氏証言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP