ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

探検家・関野吉晴氏 「新グレートジャーニー」4700km大航海

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 子供の頃に強い憧憬を抱いた『十五少年漂流記』や『コン・ティキ号探検記』の世界。仲間とともに厳しい困難に立ち向かい、友情を深め、生きる知恵を身につけていく──そんな“探険”を40年以上にわたり続けてきたのが、探検家の関野吉晴氏(66)である。

 現在、上映中のドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』には、2隻の丸木舟でインドネシアから日本まで約4700キロを航海する関野氏と仲間の姿が映し出される。

 この丸木舟にエンジンはない。それどころかGPSも海図もない。星明かりと島影のみを頼りにした航海で彼が目指したのは、太古の人々が辿った軌跡を再現することだった。

 関野氏は日本列島にやってきた古代人の足跡を3つのルートで追体験することに挑む。「新グレートジャーニー」と名付けられたこの旅は、シベリアからサハリンを経由して北海道・稚内に至る「北方ルート」、ヒマラヤからインドシナ、中国、朝鮮半島を経て長崎県・対馬に至る「南方ルート」と続き、最後の旅となったのがインドネシアからフィリピン、台湾を経由して沖縄県・石垣島を目指す「海上ルート」だった。

 この「海上ルート」を辿るにあたり、関野氏はエンジンやGPSを使わないほかに、もうひとつ太古の人の旅に近づくための決断をする。それは舟を一から自分たちで造ることだった。

 プロジェクトは2008年5月に始まった。まず千葉県・九十九里浜で砂鉄を集め、それをたたら製鉄によって斧などにする。その工具を持ってインドネシアへと渡り木を切る。現地の人の手も借りながら、気の遠くなる作業を経て出来上がったのが「縄文号」と「パクール号」の2隻。縄文号(全長6.8メートル、全幅6.3メートル、全高5メートル)は、高さ54メートル、直径1.8メートルの大木を切り倒して造られた丸木舟。一方、パクール号(全長11メートル、全幅8.3メートル、全高6.3メートル)は、現地に古来伝わる板を継ぐ造船技術によって造られた。

 そして2009年4月、関野氏ら日本人4名とマンダール人の漁師ら6名は、インドネシア・スラウェシ島を出発。しかし、エンジンのない舟は逆風が吹くと進まず、1日の移動距離が10キロにも満たない日が何度もあった。

「航海の3分の1は風を受けて走り、3分の1は漕ぎ、3分の1は天候状況などがよくなるのを待つ時間でした」(関野氏)

 台風などにも阻まれ2度の中断を余儀なくされた航海。2011年3月には航海の再開直前に東日本大震災が起き、医師でもある関野氏は日本人クルーらとともに、被災地の支援に入った。

「自然の圧倒的な力の前に科学の限界を思い知りました。人は自然環境なくしては生きられないんです。自然は支配する対象ではなく、感謝し、畏れるものだということを忘れてはいけない」(同前)

 そして2011年6月、一行は石垣島に到着する。砂鉄集めから数えて、実に1130日の長きにわたった大航海が終わった。

「探検とは“気づき”だと思う。他人から見たら馬鹿なこと、無駄なことと思われることにこそ、多くの”気づき”があるんです」(同前)

 インドネシアやフィリピンで出会った漂海民たちの暮らしなど、関野氏はこの旅で改めて「人間も自然の一部」だと気づいたという。

 還暦をとうに過ぎ、探検は「今回で一区切り」としながらも、「次は何をしようか研究中」と、陽に灼けた顔で悪戯っぽい笑みを浮かべる探検家。新しい旅立ちの日は再びやって来るはずだ。

撮影■関野吉晴

※週刊ポスト2015年5月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国株だけじゃない ネット証券各社が海外投資環境を拡充中
南アフリカのプチ金持ち黒人「ブラック・ダイヤモンド」台頭中
タイ 韓国人の驕った態度や暴力振るう粗暴さに悪評との証言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。