ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソーラー充電からアルコール検知まで!5機能を”着せ替え”できるスマホケースが便利

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Moscase

スマートフォンのケースというと、衝撃から端末を守るためのもの、ファッションとして楽しむものだった。しかし最近では、プロテクター以外の機能を持つものも少なくない。

その機能とは、バックアップ用のバッテリーやスピーカーなど。そうしたプラスαの機能を、必要に応じて取り付け、取り外しできるケースがKickstarterに登場した。

・アルコール検知や発電機能も

ハンガリーのスタートアップが手がける「Moscase」は、バンパー部分と、取り替え可能な機能部分の2つから成る。

プラスα機能は全部で5種類あり、アルコール検知、スピーカー、太陽光充電、追加データ、eインクスクリーンとなっている。

例えば、屋外でパーティーをするときなどにスピーカー機能を、写真やビデオをたくさん撮るときは追加データ機能を取り付けるなど、目的に合わせて取り替えることができる。

5種類の中で特に便利そうなのは、eインクスクリーン。これを使えば、ケースの背中部分に各種情報を表示でき、スマホを立ち上げなくても情報チェックできる。eインクなのでバッテリーをさほど消耗しないというのもメリットだ。

Moscase2

・バンパーで体温や心拍を測定

また、バンパーそのものにも、心拍や体温、体脂肪などを測れるセンサーがついていて、プラスα機能を付けなくてもヘルスガジェットとして活用できる。測定したデータは専用アプリに集約され、日々の健康管理に使えそうだ。

MoscaseはiPhone6と6プラス専用で、8色から選べる。値段はプラスαの機能なしタイプだと小売価格179ドルを予定しているが、Kickstarterでのキャンペーンでは133ドルの出資で入手できる。プラスαの機能を1つ付けたセットは185ドルからで、締切りは5月11日。

着せ替え的に各種機能を楽しめるこのケース、スマホを“グレードアップ”したいという人は要チェックだ。

Moscase/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。