ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

レディー・ガガ、【ソングライターの殿堂】に新設の“アイコン賞”受賞へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
レディー・ガガ、【ソングライターの殿堂】に新設の“アイコン賞”受賞へ

 レディー・ガガが【ソングライターの殿堂(Songwriters Hall of Fame)】に新設される“コンテンポラリー・アイコン賞”を、6月19日に受賞することが明らかになった。

 【ソングライターの殿堂】が4月23日に出した声明によると、同賞はポップカルチャーにおいてアイコン的な地位を得たシンガーソングライターを称えるものとのこと。トニー・ベネットとの最新アルバム『チーク・トゥ・チーク』では全てカバー曲だったものの、ガガは「ポーカー・フェイス」、「アプローズ」、「ジャスト・ダンス」などのヒット曲のほとんどを自らの手で書いている。

 なお、ニューヨークで開催される同式典では、ガガの他にボビー・ブラドック、ウィリー・ディクソン、ロバート・ハンター&ジェリー・ガルシア、トビー・キース、シンディ・ローパー、リンダ・ペリーが殿堂入りを果たす。また今回、ヴァン・モリソンが“ジョニー・マーサー賞”を、若いソングライターに授与される“ハル・デイヴィッド・スターライト賞”をFun.のネイト・ルイスがそれぞれ受賞する。

関連記事リンク(外部サイト)

【FUJI ROCK FESTIVAL ’15】第8弾ラインアップ発表、ジム・オルーク、電撃ネットワーク、シナロケら計9組が決定
ウィズ・カリファ 映画“ワイスピ”効果で大ヒット!2週連続米ビルボード・シングル・チャート首位に
ショーン・メンデス ネット時代を象徴するカナダ出身16歳が米ビルボード・アルバム・チャート1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。