ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「嫌なら辞めろ」で辞めちゃった新人 「かけがえのない存在となれ」と続ければよかったか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「嫌なら辞めろ」で辞めちゃった新人 「かけがえのない存在となれ」と続ければよかったか

4月21日にキャリコネニュースが公開した「『嫌なら辞めろ!』と新人に言い続けたらホントに辞めちゃった」という記事には、ネットで大きな反響が寄せられた。BLOGOSでは71件、ニコニコニュースでは1600件を超えるコメントがあがっている。

記事では、新入社員に「嫌なら辞めろ。代わりはいくらでもおる」とたびたび言っていたところ、本当に辞められてしまったとネットで嘆く先輩社員のエピソードを紹介。「代わりの会社はいくらでもある」と新人のホンネを代弁したツッコミがあったことも取り上げた。
「2週間は早い」の批判に「この先も付き合わされる」と反論

コメントの大多数は、先輩社員の言動に大きな問題があったと指摘する声だ。

「先輩さんが辞めればいいんじゃない。代わりはいくらでもいるよ」
「これがハラスメントに該当しないなら後輩も『チェンジ』っていってもOKだろ?」
「確かに多かれ少なかれストレスは抱えるもんだろうけど、だからって与えていいって訳でもないんじゃない?」

中には「辞めろって指示に従っただけだろ? 優秀な部下じゃねぇか」と揶揄する人もいる。その一方で辞める判断が早すぎると、新人の行動に疑問を呈する人もいた。

「2週間ストレスに晒されただけで折れるメンタルも大概だよ」
「別会社の面接で辞職理由聞かれたら何と答えるのか」

この新人批判に対しては「この先何十年もこのクズと付き合わされるんだぞ」と、辞めなければ同じ環境が続くはずと反論する人や、「パワハラにより退職しましたでいいんじゃない?」と、転職時の説明に迷う必要はないとする人もいた。

また、今どきの若者の傾向を受けて「新人なんて頼れるやついないんだから優しく指導したれや」と諭す人たちも少なくない。とはいえ、すべて甘やかすだけでは成長しないだろう。ヒントになるのが、あるタレントの話術だ。
松岡修造の「緩急の話術」が参考になるのでは

24日朝の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)は、2015年春入社の新入社員が選ぶ「理想の上司」男性部門の1位に、元プロテニスプレイヤーの松岡修造さんが選ばれたと紹介した。

番組では、今どきの若者は「上司から叱られたいが、怒鳴られたくない」と思っていると紹介。そのうえでVTRでは、自分の行く道に迷っている人に向けて川原に立った松岡さんが「この川の流れ見てみろ!」と大声で叫んだ後、「任せてみろよ、川の流れのように」と優しく締める様子を流していた。

ニコニコユーザーのコメントにも、厳しいことを言うのは悪くないが、その後のフォローが大事という指摘が見られる。

「『これこれこうだから、嫌なことも頑張ろうぜ』みたいな言い方ならね」 「その言葉はな『今はお前の代わりはいくらでもいる、うちでかけがえのない存在となれ』で続けないといかんのよ」

このような言い方であれば、新人も辞めることはなかったのかもしれない。

あわせて読みたい:新人に「前にも言ったよね?」という上司に批判の声
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。