ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マジか!!!神奈川県、県の沿岸地域全てを「SHONAN」と命名

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

神奈川県が進めるグローバル観光キャンペーン『Feel SHONAN』が、神奈川県の自然海岸があるすべての沿岸地域を「SHONAN」と命名したことを発表した。

範囲は神奈川の沿岸地域=SHONANという図式。神奈川の海をひとつのパッケージにして、世界に向けて売り出そうという神奈川県のPR新戦略になっている。

【関連:フォルクスワーゲン、電気自動車『e-up!』の快適さを脳波で実証成功】

SHONAN

「湘南」はサーフィンやヨットのイメージが定着し、数々の小説や音楽、映画の舞台となってきたことから、ひとつのブランドとして確立している。これにより、神奈川県の各地に湘南○○という地名が乱立し、1990年代前半には「湘南ナンバー」の適用エリアに関して自治体間で論争になった。また、2000年代初めには藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町、平塚市、大磯町、二宮町の3市3町を合併して、人口97万人の政令都市とする「湘南市」構想が話題になった。

湘南の範囲はどの観点で見るかによっても変わり、たとえば、行政区域上は平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町の5市3町が湘南地域であり、地形学的には、茅ヶ崎から藤沢にいたる10kmの海岸線とその内陸5kmの範囲を湘南と呼ぶ。

今回のFeel SHONANでは、世界に向けた観光PRの観点から、神奈川のすべての沿岸地域をSHONANと呼ぶというもの。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。