ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日村勇紀は紳士 女性からは「カッコいい」「キュンとする」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元NHKアナウンサー・神田愛花(34才)との熱愛が発覚したバナナマン・日村勇紀(42才)。世間的には“ブサイク”と言われてしまうことの多い日村だが、女性に対してはとても“紳士”で、それ故にモテるのだという。

 2011年9月に放送されたある番組では、かつて日村と合コンした後、デートまでしたという20代後半の女性が登場した。

 彼女によれば、デートの際、終電を逃した女性に「ウチに泊まる?」と誘った日村。いざ彼の家に行くと、日村は自ら湯船を掃除してお風呂に湯をため、パジャマまで用意。

 そしてそろそろとなったときも「オレはソファで寝るからベッド使っていいよ」と彼女にベッドを譲り、彼女が「寒い」と言うと、「オレが暖めてあげるよ」とベッドにひとりでもぐって暖め、ほかほかになったところで、再び彼女をベッドに寝かしたという。この晩、結局、彼女に手を出すことはなかったという日村。

 しかも話はこれで終わりではなく、翌週、彼女が日村の自宅近くを通ったときに、「近くにいるから寄っていい?」とメールしたところ、日村からは「この前は必死に我慢したけど、今度は手を出しそうだから来ないでくれ!」と返信があったそうだ。この瞬間、日村は彼女にとって“かっこいい”対象になったという。

 またブレーク前の日村の自宅に遊びに行ったことがある女性もこう振り返る。

「私の友達が日村さんと知り合いで、私は彼女のつきあいで一緒に遊びに行ったんです。日村さんは駅まで車で迎えにきてくれて、途中、スーパーで食材を買い込んだんですけど、私たちがじゃんじゃん買い物カゴに入れた分を、彼は黙ってお金を払ってくれていました。家では、私たちが料理を作ったんですけど、大しておいしくもない料理を“おいしいねー!”と感激して食べてくれて。本当に優しい人なんだなぁ~ってキュンってしましたよ」

 さらに日村はモテるための努力は怠らないという。

「日村さんは“○○がおいしい”と聞けば、その店に実際行ってリサーチし、女性とのデートに生かしているそうです。またメールもマメで、女性からメールが来たら、必ず質問で返して、自分で終わらないように心がけているそうです。そのまま相手の女性を眠らせないこともあったとか…(苦笑)」(後輩芸人)

※女性セブン2015年5月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
モテモテのバナナマン日村 女性からは「最後までハンサム」評
昭和のラブホテル名物 「回転ベッド」が消えた理由とは?
森山直太朗とスキマスイッチ バナナマン日村の音楽の才能評価

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP