ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早実・清宮幸太郎 「ベーブ・ルース」の再来と米国でも称賛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 鋭いスイングから放たれた糸を引く打球が一塁線を抜けていく。とても高校生とは思えない打球だ。

 早稲田実業の怪物1年生・清宮幸太郎が、早くも高校野球界に旋風を巻き起こしている。入学式のわずか3日後にスタメン3番で決勝打を放つ鮮烈デビュー。18日には、公式戦3戦13打席目で特大の高校初アーチを放った。

 父はラグビーのトップリーグ・ヤマハ発動機の清宮克幸監督。東京北砂リトル時代には通算132本塁打を記録し、米国での世界大会で特大本塁打を放つと「ベーブ・ルースの再来」と称賛された。

 この“怪物”の凄さはパワーだけではない。最大の長所は、打撃スイングの柔軟性。特にリストが柔らかいため、どんなボールにも器用に対応できる。本塁打だけでなく、ヒットも量産できるタイプの打者だ。

 活躍のたびに報道陣の数は増えていく。しかし、そんな周囲の過熱ぶりにも「自分はこういう環境でやっていかなければいけない人間」と涼しい顔。「(中学時代の)シニアリーグと、高校野球のレベルの違いは感じない」と豪語するビッグマウスぶりも魅力だ。

 まさにすべてが規格外。新たな怪物伝説の幕開けだ。

取材・文■田中周治 撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年5月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家
プロ野球珍記録 キャッチャーライナーや本塁打8本で7得点等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP