ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋愛マニア男子が語る「口説きやすい女子の特徴9つ」がスゴイ! たった30分でラブラブになれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「恋愛がしたい!!」「かわいい子と付き合いたい!!」と思っている男子は多いと思います。もうすぐ夏ですし、薄着のカップルがイチャイチャしているようすを嫌でも見せられる季節がやってきます。

・口説きやすい女子にアプローチ
いますぐ彼女を作りたい男子に、恋愛マニア男子(IT会社社長 38歳)からアドバイスを伝授! 「たった30分で口説き落とせる女子の特徴9つ」をお伝えしたいと思います。口説きやすい女子を狙ってアプローチすることにより、成功率をあげるのです。

・たった1時間で口説き落とせる女子の特徴9つ
1. 自分の髪の毛が口に入っている
口説きやすい女性の特徴として、髪の毛がロングの傾向があります。それだけでなく、髪の毛が口の中に2~3本入っていたりします。風か何かで入ってしまうのでしょうが、グロスをたっぷりと塗っているので、唇に髪の毛がくっついてしまうのでしょう。それに気がつかない天然っぷり! こういう女子は口説きやすいです。

2. すごく小さなリュックを背負っている
なぜか極端に小さいリュックを背負っている女子がいますが、そういう女子も口説きやすい傾向にあります。ポーチくらいの大きさしかないんですよ。あれ実用性あるんでしょうか。天然すぎて、バッグのほうが便利だということに気がついてないのでしょう。いままでの経験上、少なくともバッグよりリュックの女子のほうが口説きやすかったです。

3. ネイルアートをしていない
素朴な女子が多いからだと思うのですが、ネイルアートをしていない女子は口説きやすいです。でもオシャレをしていないわけじゃないんですよね。ネイルはしないけど、しっかり爪をツヤツヤに研いでいるんですよ。ハデな自分を出せないんですね。だから男子から攻めてあげましょう。

4. 鳩かなんかの小さい羽が服についている
どうしてかわからないのですが、鳩かなんかの小さい羽が服についている女子いますよね。そういう女子は百発百中と言っても過言ではないほど、口説き落とせました。あの羽、なんなんですかね。どうして服にくっついてるんだろうか。

5. 悔しいと「みゅー!」と言う
何か悔しいことがあったり、失敗したときに「みゅー!」と言ってくる女子は口説きやすいですね。状況にもよりますが、打ち解けた状況で「みゅー!」と言われたら、とっさに頭をナデナデしてやると、恥ずかしがりながらも喜んでくれることがあります。そうなったら口説いたも同然です。

6. ニンテンドー3DSのカバーをハデにデコレーションしてる
ニンテンドー3DSを持ち歩いている女子は多いと思いますが、「これでもか!!」ってくらいにカバーをデコレーションしている女子は口説き落としやすいです。でもキラキラ系のデコはダメです。キキララとか、かわいい系のデコの女子だけ、口説きやすい傾向があります。遊んでいるゲームが男子向けだと、なおさら口説きやすい。

7. スカートの下にズボンをはいている
ミニスカートのほうが解放的な女子をイメージさせますが、スカートの下にズボンをはいてくるように女子のほうが、口説きやすいです。スカートにズボンというファッションは、自分に自信がない表れなので、かわいさや性格のよさを猛烈にほめて、彼女の良さを開放してあげれば口説けます。

8. 自分で自分のことを「私ゆとりだからー」と言う
年齢が限られますが、自分で自分のことを「私ゆとりだからー」と言ってくる女子は口説きやすいです。確かにゆとり世代かもしれませんが、「ゆとり世代」という言葉にはあまり良いイメージがありません。あえて自虐的に言うことにより、自分を落とすことで、男子が攻めるハードルを下げてくれているのです。

9. 「何これ」じゃなく「なんこれ」って言う
理由は究明できてないのですが、何かを見つけたとき「何これ」じゃなく「なんこれ」って言う女子は99%くらいの確率で口説けました。しかも「なんこれ、なんこれ、なんなんこれ」って何度も連呼するんですよ。こっちがなんこれですよ(笑)。そこがまたカワイイんですけどね。

・この夏ラブラブな時間を!!
いかがでしょうか? あなたの周囲に上記のような女子はいないでしょうか? この夏、ラブラブな時間をすごせるように、将来の伴侶を見つけるために、口説きやすい女子を攻めてみてはいかがでしょうか?

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/24/kudoki/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP