体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46、ドキュメンタリー映画の公開日が延期

エンタメ
乃木坂46、ドキュメンタリー映画の公開日が延期

5月の公開予定であった乃木坂46初のドキュメンタリー映画の公開日が延期となることが発表された。

正式な公開日は、7月10日となり、タイトルが「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」に決まったことも同時に発表された。延期の理由を配給会社の東宝映像事業部、古澤佳寛氏は「当初5月中旬ごろの公開で準備を進めておりましたが、新たに追加取材したい人たちがおり、今なお撮影も続けていることから、関係各社と協議した結果、作品のクオリティーをより高めてほしいとの願いをこめて、公開の延期を決定いたしました」とコメントしている。ネット上では4月に入ってから「公開日はいつなのか?」、「前売券はいつから発売?」などの一部のファンから心配する声があがりはじめていた矢先の発表となる。

さらに今回、キービジュアルも解禁。メンバーそれぞれがインタビュー中に魅せた自然体で透き通るような表情ばかりを集めた爽やかなビジュアルとなっている。なお、監督を務めるのは、乃木坂46の1stから10thシングルまで10作連続で収録曲のMVを手掛けてきた丸山健志。デビュー当時から見守ってきた監督の前で、どこまで素顔をさらけだすのかー。内容も舞台裏のメンバーの姿はもちろん、メンバーらの密着インタビューに加え、幼少時代から寄り添ってきた母親らにも取材を重ねながら紐解いていくという。7月10日の公開に期待が高まる。

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実”とは何か?メンバーの密着ロングインタビューと知られざる秘密を明かす母親たち――。驚きと感動、そして勇気を与えてくれるドキュメンタリー映画、ついに解禁。結成3周年を迎え、着実に知名度をあげてきた美少女アイドルグループ・乃木坂46。だが今までその舞台裏の姿はほとんど表には出されてこなかった……。そんな彼女たちの素顔に初めてスポットが当てられた、待望のドキュメンタリー映画がいよいよ公開する。

2011年8月、港区赤坂の乃木坂駅近くで36名の少女たちがお披露目された。久々の正統派アイドルグループの誕生に沸く一方で、マスコミやアイドルファンらの関心をひく彼女たちに課せられた“宿命”があった。それは「AKB48の公式ライバル」であること――。以来、常に国民的アイドルグループとの比較にさらされながらも、少女たちは夢のためひたむきに走り続けてきた。

少女たちの言葉を通じて「人は生まれ変われる」ことを描く密着インタビューでは初めて明かされる幼少時代、オーディションを受けた本当の理由、秘密の場所と時間。さらに彼女たちインタビューを重ねながら振り返る、メンバーそれぞれが背負ってきたつらい思い出や知られたくなかった過去の数々。ある者は学校での疎外感から逃げるように乃木坂46 に入ってきた。ある者は自分が大嫌いで、半ば自暴自棄のようにオーディションに応募した。

「アイドルになって、生まれ変わりたい」

彼女たちの人生は、合格した瞬間から大きく動き出していく――。そこに待っていたのは、まぶしい光と陰の新しい世界、そして同じように“孤独”と戦っていた新しい仲間たちだった。監督を務めるのは、乃木坂46の1stから10thまで10作連続でシングル収録曲のMVを手掛けてきた丸山健志。デビュー当時から見守ってきた監督が舞台裏のみならず、メンバーたちのプライベート、そして心の中にまで迫っていく。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会