ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2画面スマートフォン「YotaPhone 2」のホワイトカラーがロシアで販売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロシアの端末メーカー Yota Devices の 2 画面スマートフォン「YotaPhone 2」のホワイトカラーがようやくロシアで発売されました。ほんとようやくですよね。YotaPhone 2 のホワイトカラーについては、製品の発表時から標準カラーとして公開されており、昨年 12 月のブラックカラーの発売から半年ほど遅れて、この春に発売されることが発表されていました。ホワイトカラーは現在のところ、Yota Devices ロシア法人の公式サイトのみで販売されています。価格はブラックカラーの 39,900 ルーブル(約 93,500 円)よりも高い 42,990 ルーブル(約 100,500 円)です。ちなみに、Yota Devices のロシア法人はロシア国外への発送を行いません。YotaPhone 2 は背面にタッチ操作も可能な4.7インチの E Ink 電子ペーパーディスプレイを搭載した独特な Android スマートフォン。ホワイトカラーは、背面が真っ白な配色となっており、前面は、べセル部分がブラックカラーのツートン仕様です。ホワイトカラーのスペックはブラックカラーと同じで、5 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイ、Snapdragon 801 2.26GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、32GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 210 万画素カメラ、2,500mAh バッテリーなどを搭載しています。OS は Android 4.4 なのですが、Yota Devices は今春にも Android 5.0(Lollipop)にアップデートすると既に発表しています。ホワイトカラーは Android 5.0 の配信と共にリリースされる予定でしたが、そうはならなかった模様です。Source : Yota Device


(juggly.cn)記事関連リンク
Acer、ゲームに特化したAndroidタブレット“Predator”を年内に発売予定
「OPPO R7」の新たなレンダリング画像が流出、指紋リーダー搭載の噂も浮上
NVIDIA、SHIELDコンソールの500GBモデルを準備中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP