ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

転職面接で「あなたの希望給与額は?」と聞かれたら、どう答えるべきか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

転職の面接で「新しい仕事にどのくらいの給与を希望しますか?」と聞かれたら、私たちはどう答えるべきなのか。4月10日付のビジネスインサイダーに、ジャクリーン・スミスが寄稿しています。

ジャクリーンが「キャリア関連で一番差し迫った質問は何か」と読者へ問いかけたところ、「希望収入を聞かれた時にどう答えればいいか」という質問がたくさん寄せられたのだそうです。給与交渉は、米国でも気分のいいものではないようです。

一般的に採用担当者は、現状の給与額を尋ね、「どのくらいの額を希望しますか」「あなたにはどのくらいの価値があると思いますか」と聞いてきます。これに対して、あまり高い額を言って相手を驚かせてはいけませんし、低く見積もられたくもないでしょう。

ビジネス書「あなたの職場の暴君を飼いならす法」の著者で、職場研究家のリン・テイラー氏は、この質問にどう答えるべきかを考察して、いくつかのヒントを与えています。

■特定の数値ではなく、範囲で答えよ
そうすれば、交渉次第で最高額を得られる可能性もあります。事前に自分が受け入れられる最低額も考えておきましょう。

■リサーチを使え
もし「私には○○の価値がある」と言いにくい場合には、「私の調査では、私ぐらいの経験を持つ人の給与範囲はこのくらいです」と言うと、より客観的に話すことができます。

■正直に
将来の給与額を上げるために、現在の給与額を吊り上げてはいけません。嘘はバレます。

■全体的な報酬の観点から考えよ
具体的な数字を挙げる前に、ボーナスや株のオプション、教育費の補助、有給休暇、交通費、医療保険、社用車の使用の可否など、全体的な報酬についても知っておきましょう。

■道理をわきまえろ
不当な要求はしないことです。もし高額の報酬を提案するなら、その理由を説明できるように準備しておいてください。たとえば現職の給与が相場以下だったのであれば、給与凍結や人員削減があったことなどを話し、経済状況を改善するための転職であることを説明してください。

■相手の表情を見て、簡単にあきらめるな
もし十分に市場調査を行い、自分の要求に自信があるなら、いったん示した額を簡単に引っ込めてはいけません。後の交渉で額を下げればよいのです。

■喜んで交渉に応じることを示す
あなたの要求が雇用者の許容範囲を外れていると感じた場合には、「でもこの仕事は私にとって絶好の機会なので、給与については柔軟に考えます」と付け足してください。

■先のことを考えよ
あなたが交渉しているのは、当面の給与であることを忘れないように。将来の昇給も望めます。

■注意を払え
求職面接の多くの場合と同様、相手が心を開いて「もっと話したい」と思うような積極的傾聴(アクティブリスニング)を通じて、成功率を上げましょう。会話のニュアンスを観察して応答してください。

■給与を気にしない場合は、答えをそらせ
本当に給与額を気にしない場合や、どうしてもこの質問には答えにくい場合には「給与よりも、本当にやりがいがあり、貢献できて、自分も成長できる環境を求めています」と言ってください。

■固執しない
もしどんなに頑張っても、あなたの希望額に到達しそうにないなら、それはあなた向きの会社ではないのかもしれません。

なお、これらは欧米流の面接へのアドバイスです。日本では希望給与額の質問は省かれるのが普通ということですが、転職希望先の給与体系を前もって調べておけば、いざというときに面接で質問をすることも可能になります。(文:夢野響子)

(参照)What to say when an interviewer asks, ‘How much money do you want to make in your next job?’ (Business Insider)

あわせて読みたい:アメリカには「7月生まれの社長」が少ない?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP