ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界アナログレコード市場、売上トップ10ヶ国

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

世界のアナログレコード売上トップ10カ国が発表される。2014年は55%伸び3億ドル越、日本も80%増加し健闘

世界の音楽業界団体を代表する非営利団体IFPI(国際レコード産業連盟)は、世界のアナログレコード市場の売上データ2014年版を発表しました。

毎年4月に開催される「レコード・ストア・デイ」に年々注目が高まるように、アナログレコード人気復活は世界各地で起きており、販売枚数、売上高共に増大しています。

IFPIによれば、2014年の世界での売上は前年比54.7%増加して、3億4680万ドルに上りました。日本円に換算すると、414億円!

*1ドル=119.4円

売上規模で最大の市場は米国。2014年は1億8160万ドル(約218億8400万円)で、前年比52.8%の増加を記録しました。

2位はドイツで3400万ドル(33.4%+)、3位は英国で3170万ドル(60.1%)、4位は日本で1630万ドル(81.4%+)、5位はオランダで1410万ドル(50.2%+)。

トップ10市場で最も成長した国は、オーストラリアで売上高は600万ドル、2013年の270万ドルから127%増加しました。次に成長したのは日本の81.4%となかなか頑張っています。

世界的に人気復活に沸くアナログレコード市場ですが、世界の音楽市場の中で見ると、全体のわずかシェア2%でしかないニッチな市場で、今後この成長がどこまで続くのか注目が集まります。

cc image by Phil Roussin via Flickr

■記事元http://jaykogami.com/2015/04/11150.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP