ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポール・マッカートニー、2015ツアーの東京ドーム公演がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月21日の京セラドーム大阪公演からスタートした、ポール・マッカートニーのソロとしては2年ぶり5回目となる単独来日公演。4月23日より待望の東京公演がスタートした。

東京ドーム3デイズの初日は、待ちに待った5万人のファンが会場に詰めかけ、チケットはソールドアウトに。19時に濃紺のジャケットで登場したポール。右手の拳を力強く振り上げ観客の声援に応えた。ステージは大阪公演と同じくザ・ビートルズの「マジカル・ミステリー・ツアー」で開幕。最初のMCでは「コンバンワ、トーキョー! ヤクソクシタネ、トーキョー! カエッテキタヨ!」とファンに挨拶した。

セットリストは大阪公演と同じで、冒頭からエネルギッシュなロック・チューンを連発。「今晩はここでパーティーだよ!」や日本語での「サイコー! チョースバラシイ!」というMCの通り、ポール自身もステージを存分に楽しんでいるのが伝わってくる。また、中盤には「ヒア・トゥデイ」と「サムシング」をジョン・レノンとジョージ・ハリスンにそれぞれ捧げると紹介した上で披露し、ドーム全体が大きな感動に包まれた。ビートルズ・ナンバー23曲、ウイングス・ナンバー6曲、そして最新アルバム「NEW」から3曲、さらに最新曲「ホープ・フォー・ザ・フューチャー」と、ロック史を代表する名曲37曲が次々と披露された夢のようなステージ。

この日もトータル2時間45分に及ぶステージで、アンコール・ラストの定番メドレー「ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド」まで、レジェンドの風格漂う堂々たるパフォーマンスが繰り広げられた。

ポールは25日と27日にも東京ドームにて公演を行う。約半世紀ぶりとなる日本武道館公演を含む今回の来日公演は、全5公演で約20万人の動員を予定している。

撮影:堀田芳香

4月23日東京ドームセットリスト
1. マジカル・ミステリー・ツアー(ビートルズ)
2. セイヴ・アス(ソロ / 最新アルバム「NEW」より)
3. キャント・バイ・ミー・ラヴ(ビートルズ)
4. ジェット(ウイングス)
5. レット・ミー・ロール・イット(ウイングス)
6. ペイパーバック・ライター(ビートルズ)
7. マイ・ヴァレンタイン(ソロ)
8. 1985年(ウイングス)
9. ロング・アンド・ワインディング・ロード(ビートルズ)
10. 恋することのもどかしさ(ソロ)
11. 夢の人(ビートルズ)
12. 恋を抱きしめよう(ビートルズ)
13. アナザー・デイ(ソロ)
14. ホープ・フォー・ザ・フューチャー(ソロ / 最新曲)
15. アンド・アイ・ラヴ・ハー(ビートルズ)
16. ブラックバード(ビートルズ)
17. ヒア・トゥデイ(ソロ)
18. NEW(ソロ / 最新アルバム「NEW」より)
19. クイーニー・アイ(ソロ / 最新アルバム「NEW」より)
20. レディ・マドンナ(ビートルズ)
21. オール・トゥゲザー・ナウ(ビートルズ)
22. ラヴリー・リタ(ビートルズ)
23. エリナー・リグビー(ビートルズ)
24. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(ビートルズ)
25. サムシング(ビートルズ)
26. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(ビートルズ)
27. バンド・オン・ザ・ラン(ウイングス)
28. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(ビートルズ)
29. レット・イット・ビー(ビートルズ)
30. 007死ぬのは奴らだ(ウイングス)
31. ヘイ・ジュード(ビートルズ)
32. デイ・トリッパー(ビートルズ)
33. ハイ・ハイ・ハイ(ウイングス)
34. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(ビートルズ)
35. イエスタデイ(ビートルズ)
36. ヘルター・スケルター(ビートルズ)
37. ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド(ビートルズ)

関連リンク

ポール・マッカートニー レーベルサイトhttp://um-llc.jp/paul/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP