ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

利用者6割高齢者のセブンイレブンの宅食 病院で勧める例も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 食品から、日用品、雑誌、お酒までなんでも揃い、24時間開いている。そんな“便利の王様”であるコンビニエンスストアだが、最近は高齢者を主要ターゲットにしたサービスも増えている。

 コンビニ業界最大手のセブン-イレブンは宅食サービス「セブンミール」を展開している。高齢者層や買い物に不便を感じている人、健康管理に気をつけている人をターゲットに、日替わり弁当(510円)や日替わり総菜セット(510円)などを中心に届けている。客はそれらをカタログから選んで注文する。

 その際、実店舗で販売されている商品を一緒に届けてもらうことも可能だ。全国約1万7500店舗のうち、実施店舗は全体の約8割にのぼる。

「開始したのは2000年ですが、2011年にサービスを一新し、500円以上お買い上げの場合、送料無料とさせていただいています。約1000点のアイテムをカタログから注文できて、日替わりのお弁当やお総菜だけでなく、重いお米やペットボトル飲料なども人気があります。前日の朝10時半までにネット、電話、FAX、店頭で注文していただければ、翌日の昼、または夕方便でお届けします。店頭での受け取りも可能です」(セブン&アイ・ホールディングス広報センター)

 利用者の6割を占めるのが60才以上の高齢者。評判は上々で利用者は徐々に増えているという。

「お住まいの近隣店舗からお届けにあがるので、『顔を知っている店員さんが配送してくれるから安心する』と言っていただくことが多いです。現在は行政と協定を結び、お届けした際に異変があれば行政窓口、地域包括支援センターと連携して対応するなどのサポートも強化しています」(同前)

 また、食事の献立は管理栄養士が監修しているので健康面でも安心だ。特に塩分やカロリーを気にしている高齢者に喜ばれ、なかには「病院で勧められた」という声もあるという。

※女性セブン2015年5月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
地方の人口減少や都市の高齢者激増等の今後の対策を考える本
自治体の介護サービス 練馬区には高齢者の出張調髪サービス
所在確認済みの日本最高齢者は佐賀県在住の113才の女性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP