体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

透過スクリーン越しに見えた18歳女子ラッパーの素顔 DAOKOデビューライブレポ

透過スクリーン越しに見えた18歳女子ラッパーの素顔 DAOKOデビューライブレポ

DAOKOさん
18歳の女性ラッパー・DAOKOさんのメジャーデビューアルバム『DAOKO』のリリースを記念したライブ「DAOKO THE LIVE」が、4月6日、渋谷・WWWにて開催された。

2011年にニコニコ動画に投稿した楽曲が人気を博し、同年8月より、インディレーベル・LOW HIGH WHO?(以下LHW?)に所属。ウィスパーボイスの女性ラッパーとして、これまで活動を行ってきたDAOKOさん。

そのLHW?から飛び出したDAOKOさんによる、メジャーデビュー記念という節目となる本ライブには、彼女と縁の深い面々が登場。

DAOKOさんを中心とした「DAOKO THE BAND」の他に、アルバム・『DAOKO』へ楽曲提供をされている、きくおさん、PARKGOLFさん。

また、LHW?からは、主宰のParanelさん、盟友のラッパー・GOMESSさんが、特別ユニット・GOMESS&Paranelとして出演。

会場は盛況。渋谷PARCOにスタジオを構えるソーシャルTV局・2.5Dによる、インターネット上でのライブ中継でのネット視聴者数は〜を記録した。

e150406_0380

DAOKOさんのライブでは、透過型スクリーンを用いて、ステージとフロアの間に映像が投影されるという幻想的な空間演出も披露され、そのパフォーマンスを引き立てた。

3月に高校を卒業したばかりのDAOKOさん。アーティストとしても、大きな人生の節目となったであろうこのタイミングに、期待や不安、メジャーデビュー後初のライブへの緊張感などもあったことだろう。

そんな春の季節に相応しい、DAOKOさんにとって重要な旅立ち、そして門出となった本イベントをレポートする。

幻想的ポップ! きくおさんのステージで幕開け

きくおさん

まず最初にステージに現れたのは、作詞・作曲家、ボカロPとして活躍されているきくおさん。

代表曲「僕をそんな目で見ないで」は64万再生を超え、映画主題歌やゲーム音楽のプロデュース、漫画制作まで多岐にわたる活動を展開している。

アルバム・『DAOKO』では、「ゆめうつつ」と「流星都市」の2曲を手がける。

きくおさん

きくおさんの静かな登場に、会場にも穏やかなムードが漂う中、突如として電子音が鳴り響く。

そうしてはじまったきくおさんの音楽は、幻想的かつポップ、そしてダンスミュージックのような心地よさまでつくり出してゆく。

また、きくおさんが手がけ、DAOKOさんが歌う「流星都市」も披露。DAOKOさんの甘いヴォーカルと、ポップなサウンドは陽気な夢を見ているかのようだ。

トップバッターにふさわしく、きくおさんの披露した曲の数々は、徐々に客席を飲み込んでゆくようなステージが展開された。

踊ってしまう! PARKGOLFさんのステージ!

PARKGOLFさん
1 2 3次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy