ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【デジカル大ちゃんスペシャル 後編】 お花見大ちゃんカメラシンクで大活躍!

DATE:
  • ガジェット通信を≫











大ちゃん、編集長に褒められて上機嫌ですね。

今回、大ちゃんが使ったのはシンクコールの「カメラシンク」機能(注1)。au VoLTEのAndroidスマホ同士なら、通話しながらカメラで映している映像を共有できるんです。例えば大ちゃんみたいに上司からお花見の場所を探すようにパシらされたときでも、お腹がすいてご機嫌ナナメの彼女になにかコンビニで買ってくるよう指令を受けたときでも、映像を相手と共有できるから、「それ欲しいものと違うから、やり直し!」なんていう悲劇も回避できることができるんです。

シンクコールには他にも通話中の相手とインターネット画面などを共有できる「画面シンク」や、お互いの位置を共有できる「位置シンク」、画面上で手書きの文字や絵を共有できる「手書きシンク」など、便利な機能がたくさんあります。

au VoLTEは、人口カバー率99%の4G LTE(800MHzプラチナバンド)をベースにしているので、いつでもどこでもカメラシンクできます! 仕事でもプライベートでも、ぜひ利用してみてくださいね。
(注1) シンクコールの画面シンク、カメラシンク、位置シンク、手書きシンクは通話中かつ、通話相手もauスマートフォン(au VoLTE対応)(1対1)の場合にご利用いただけます。なお、iPhone 6 / iPhone 6 Plusはシンクコールに対応しておりません。

デジカル大ちゃん

T&S編集部員。スマホやガジェットが大好きな新米編集者。

ICTマンガ T&S編集部員デジカル大ちゃん

関連リンク

【au VoLTE シンクコール】カメラシンクを利用する

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

【デジカル大ちゃんスペシャル 前編】 お花見大ちゃん、迷子になる
au VoLTE登場で体験できる、KDDIの”シンクコール”とは?
VoLTE(Voice over LTE:ボルテ)

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP