ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽チン&見た目もオシャレ! ホームパーティでケータリングを利用してみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ホームパーティを開きたいと思っても、イチから料理を作るのは大変……。そんな時に活用したいのが、ケータリングサービスだ。ケータリングサービスを利用すれば、ホームパーティを華やかに演出

ケータリングサービスを利用すれば、ホームパーティを華やかに演出

そもそもケータリングサービスとは、料理を届けてくれるだけでなく、会場のセッティングや備品の準備、後片付けなどをお任せできるサービス。費用は各社のプランによって異なるが、料理と備品の配達だけのシンプルなプランを利用すれば、1人数千円で対応してもらえる。

今回は実際に、本場のハワイアンフードがウリの「ロコブルー」のケータリングサービスを使い、ホームパーティを開催! 同店では、現地さながらのロコ・フードを40種類以上を取りそろえる。料理のサイズはM、L、LLの3種類あり、人数や予算に合わせて選ぼう。

注文は、電話、FAX、インターネットから。インターネットの場合は、ケータリング総合モール「ごちクル」を介して注文。24時間いつでも注文でき、代金引替、クレジットカード決済、請求書払い(法人のみ)から選べるので便利だ。希望すれば、注文後にオペレーターが確認の電話をしてくれる。

気をつけたいのは、配達エリア。「ロコブルー」の場合、東京を中心に神奈川、千葉、埼玉(一部地域を除く)と限られている。また、配達エリアによっては送料や配達可能時間が変わってくるので、要注意だ。注文受付は配達日2日前のお昼12:00まで。期限を過ぎての変更やキャンセルは料金がかかるので気をつけよう。料理と一緒にお箸、紙おしぼり、取り皿、ごみ袋が付属でついてくる

料理と一緒にお箸、紙おしぼり、取り皿、ごみ袋が付属でついてくる

今回注文したのは、モチコキンMサイズとロコのり巻Mサイズの2品。料理の量は「1カット」で表わされ、Mサイズは10カットになる。男性なら1人15カット前後、女性なら1人10カット前後が目安という。女性4人で開催したので40カットが目安だが、今回はMサイズの2品、合計20カット分を注文。足りない分はサラダとデザートを持ち寄りにした。

使い捨て容器に入れられた料理とともに、お箸、紙おしぼり、取り皿、ごみ袋がついてくるので、このまますぐに食べることができる。マンションのパーティスペースなどを利用する場合や人数が多い時など、食器を用意する必要がなく、食べ終わったらそのままごみ袋に捨てられるので便利だ。見た目にこだわるなら、手持ちの大皿に盛り付けるだけで、さらに華やかに演出することができる。モチコチキン(Mサイズ2,420円)

モチコチキン(Mサイズ2,420円)

国産鶏を使用したモチコチキンは、衣にもち粉を使用したハワイのローカルフード。もち粉のほんのりとした甘さとモチモチ感がクセになる。冷めてもおいしく、子どもも喜びそうな味つけは、ボリューム満点の一皿だ。ロコのり巻(Mサイズ1,650円)

ロコのり巻(Mサイズ1,650円)

ねぎとろ、アボカドなど、ハワイの人気食材を使用したロコのり巻。トロピカルな雰囲気で見た目もかわいい。ハワイアンらしい一品に、ホームパーティも盛り上がった。

料金は2品と配達料1,000円で合計5,070円だったため、1人当たりは約1,300円。新宿区の場合、1万円以上の注文で配達料無料になるので、賢く注文すればよりお得だろう。

少し人数の多いホームパーティや、マンションのパーティスペースでの開催、子どもがいて準備が大変なママ友会などにぴったりのケータリングサービス。目的に合わせてうまく活用してみてはいかがだろう。

(平野友紀子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。