ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SANYO、Android 4.4を搭載したタブレット「TAB-A01-SD」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電機メーカー SANYO が Android 4.4 を搭載したタブレット端末「TAB-A01-SD」を開発していることが Wi-Fi Alliance の認証情報より判明しました。認証情報によると、TAB-A01-SD は Android 4.4 を搭載し、Wi-Fi b/g/n に対応した製品です。Wi-Fi Only と記載されているので、セルラー機能は搭載していないとみられます。SANYO ブランドの Android タブレットを目にするのは今回が初めてになります。上記以外の詳細は情報は伝わってきていませんが、Wi-Fi への対応状況を見る限り、スペックが高いとは思えません。ちなみに、TAB-A01-SD は昨夜お伝えした「Panasonic TAB-A02-SD」と名前が似ています。もしかすると、両方は同じ端末をベースにしているのかも。Source : Wi-Fi Alliance


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、リモコンアプリ「Sense TV」のサービスを4月30日を持って終了、Peel Smart Remoteへの乗り換えを呼びかけ
Google KeepのAndroid Wear対応が改善、ToDoリストや画像メモの表示にも対応
「HTC Butterfly 3(J Butterfly HTV31)」を名乗る端末がベンチマークサイトで発見される、Snapdragon 810や1,200万画素のフロントカメラを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP