ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラブ購入で迷うゴルファーのため各社フィッティングに注力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴルフシーズンが到来し、ゴルフショップには「飛ぶ」「曲がらない」といった謳い文句とともに、各メーカーの新作クラブが並ぶ。しかし本誌記者には疑問があった。スイングは十人十色なのに、「誰にでも合うクラブ」なんてあるのだろうか。

 ゴルファーにはそれぞれ「持ち球」がある。インサイドアウトやアウトサイドインといったスイング軌道、これにアッパーブローやダウンブローが加わって、インパクト時のフェース面の角度が複雑に絡み合い、スライスやフック、高弾道や低弾道といった球筋になる。スコアアップのためには、持ち球に合わせたクラブを選ぶことが不可欠だ。

 しかしゴルフショップに行ってもどのクラブが自分に合うのかがわからない。フック系が持ち球の本誌記者も、たまに出るチーピンとサヨナラしたくて新クラブ購入を検討したが店頭で迷ってしまった。そんな悩みに応えるべく、近年、各メーカーが注力しているのが「フィッティング」だ。プレーヤーに「クラブ性能の高さ」を引き出すことを要求する従来とは異なり、プレーヤーのスイングにフィットしたクラブこそ「素晴らしいクラブ」という考え方である。

 そこで本誌記者は各メーカーの中でも特にフィッティングによるクラブ選びを重視しているミズノの『エスポートミズノ ゴルフスタジオ』を訪れた。フィッティングマシンがスイング軌道、スピン量、打ち出し角など特徴を詳細に弾き出していく。

「一人ひとりのゴルファーにはスイングのクセがあり、それがミスショットの原因となります。私たちはそのクセを『スイングDNA』と呼んでいますが、練習で修正するのはプロでも難しい。まずはフィッティングで自分の『スイングDNA』を知ることが重要です」(ミズノ認定フィッター)

 フィッティングで判明した“DNA”を効果的に実際のプレーに活かすのが、弾道調整機能付きドライバーだ。

 弾道調整機能とは、ウエイトを脱着して重心を変更したり、ロフト角を変えたりできる仕組み。業界では“カチャカチャ”と呼ばれるこのドライバーに、記者はトラウマがあった。

 フック系の球筋を矯正しようとウエイトを変更したが、ボールが上がらなくなってしまった。そこでロフトが寝るポジションに変えると、今度は球がつかまり過ぎてドフックに。おまけにプッシュアウトまで出てしまった。“カチャカチャ“を調整すればするほど、深みにはまる。本番ではOBを連発し、終わってみれば惨憺たるスコアだった。

「誤解されている方も少なくありませんが、可変式の調整機能はその日の球筋に合わせて調整するものではありません。あくまでも自分のスイングを変えないで、最適なスピン量と打ち出し角になるように調整し、一人ひとりのスイングに合わせたヘッドに仕上げるためのものです」(前出のフィッター)

 記者の場合、問題はボールのスピン量だった。バックスピン量が2000回転と少なかったが、ウエイトポジションを変えることで2600回転と増えた。球筋もややフック系ながら理想の高さの放物線を描き、試打では飛距離が10ヤード伸びた。

取材・文■鵜飼克郎
撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年5月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
上杉隆氏 深夜のゴルフ場に忍び込んで「泥棒ゴルフ」の過去
初めてのゴルフクラブ選び 専門家は「フルセットは不必要」
女子ゴルフの美しきホープ・井上莉花 憧れの選手はイ・ボミ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP