ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プチ整形希望娘に父「ケチなこと言わず鼻の形変えてエラ削れ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 若い女性の間で一般的になりつつあるというプチ整形。でも、親にしてみれば複雑な気持ちかもしれない。しかし、なかにはむしろどんどん整形しろ!というタイプの親もいるとか。埼玉県に住む女性Nさん(39才)の夫は(45才)は、プチ整形をしたいという娘に、こんな酷いことを言ったという。

 * * *
 私と夫、どっちに似たのか、お世辞にも美人とはいえない長女。20才の誕生日を迎えたとき、思いつめたような顔で、「プチ整形したい」って。腫れぼったい一重瞼を二重にしたいって言うけど、私は大反対。愛嬌のある顔に、わざわざメスを入れることはないもの。

 それでも「絶対にする」と言うから、夫にも反対してもらおうと相談したら、「いいじゃないか!」と大賛成。しかしそのあとが悪かった。

「どうせならプチなんてケチなこと言わないで、鼻の形も変えて、エラも削って。お父さんは“おのののか”みたいな顔がいいな」と言い出したのよ。

 冗談かと思えば、「その費用はオレが出すから」とパソコンに向かって値段を調べ出したの。

「パパ、本当にいいんだね」と喜んでいた娘も、気遣いのカケラもない“全否定”を聞くや、顔色がサッと変わった。目をつり上げながら、「よく実の娘にそこまで言えるね!」と怒り出したわよ。

 おかげでプチ整形するのも「もういい!」と言い出したんだけど、夫は本気でがっかり。あれから娘と夫は犬猿の仲よ。

※女性セブン2015年5月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中村うさぎ 顔や胸など美容整形10年の歴史を写真付きで公開
韓国で目元の整形手術した女性 常に「アッカンベー」状態に
ミスコリアの顔が似てるのは整形医師のスキル画一的な証拠か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP