体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「命令型のリーダーに、人はついて来ない」。天才指揮者に学ぶ、素晴らしいリーダーの条件

150423_itay

指揮者というのは、自分の才能だけあっても上手くいきません。奏者の実力を十分に引き出せた指揮者だけが、最高の音楽をつくり出すことができます。それは、ビジネスにおけるリーダーにも同じことが言えるのではないでしょうか。

ここでは、イスラエル出身の世界的な指揮者イタイ・タルガム氏がTED Talksで行ったスピーチをご紹介していきます。

タイプの異なる指揮者5人の例をユーモラスに取り上げ、「リーダーシップの在り方」について語ってくれます。人を率いる立場であるすべての人に、素晴らしい教訓を教えてくれています。

彼のスピーチを簡単にまとめると、

1.人がついて来ない「命令型」
リーダー自身に才能があっても、一人一人を駒のように扱っていては誰もついてこなくなる。

2.やる気が感じられない「放置型」
全く干渉せず、自分からは何も発信しないのでは、ビジョンも共有されず素晴らしい結果は生み出せない。

3.不安で前に進めない「プレッシャー型」
自分で真意を読み取れと無言でプレッシャーをかけるようなリーダーの元では常に不安でいっぱいになる。メンバー同士で確認し合って、そろそろと進むしかなくなる。

4.一体感を生み、実力を引き出す「パートナー型」
上手に褒めて伸ばし、特には威厳を見せることで、特に指示をしなくても、同じ乗り物に乗ったかのように自然と一体になり、よりよい結果が生み出せる。

5.演奏者たちを飛躍させる「信頼型」
一人一人を信頼し、自由にやらせる。そうすることで彼らは自らストーリーを作る側にまわり、最大限の才能を発揮する。

(記事の下部に、TED Talksの実際のスピーチ映像があります。映像を見ながら記事を読むとさらに分かりやすく理解できます。)

DSC_7276

指揮者は魔法使いのようです。何もないところから、雑音を音楽に変える。その瞬間はあまりに素晴らしく、僕ってすごい!と舞い上がってしまうほどです(笑)

コンサートがこんなにも素晴らしいのは、ストーリーがあるからです。オーケストラがいて観客がいて、それぞれが個人として存在していて、さらにはホールをつくった人、楽器をつくった人のストーリーまでも同時に感じられる瞬間なのです。それが、みなさんがわざわざ足を運ぶ価値だと思っています。

しかし、それを実現できる指揮者とそうでない指揮者がいるのです。

01.
命令型のリーダーシップ
人はついて来ない

例えば、大御所だった指揮者リッカルド・ムーティ。

彼の指揮はとても権威があり、命令的な感じが伝わってきます。彼は自身のスタイルに関して「モーツァルトに対する責任があるからだ」なんて答えていました。

Conductor - Frederik Magle conducting a symphony orchestra 10

しかし3年前、彼はスカラ座の全従業員700人連名の手紙を渡され、こう言われました。「あなたは偉大な指揮者ですが、私たちはあなたと働きたくありません。どうか辞任してください。あなたは私たちをパートナーではなく楽器として扱い、音楽をつくらせてはくれません。」

それで彼は辞めざるを得なくなりました。彼はリーダーのあり方を間違えてしまったようですね。

02.
放置型リーダーシップ
やる気を感じられない

次は、指揮者リヒャルト・シュトラウス。彼は、演奏者には干渉せず、自分で生み出させるという考えでした。

演奏中に楽譜をめくりますが、まるでそれは、「これは自分の音楽でも君らの音楽でもない、楽譜の通りにやろう」とでもいう雰囲気です。本来指揮者がその音楽の解釈を行うのでしょうが、彼はそれ自体しようとしませんでした。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。