ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつも頑張るアナタに “癒しとくつろぎ”のひとときを! 『のだめ』『FAIRY TAIL』限定コラボの『紅茶花伝』フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


日本コカ・コーラから、『紅茶花伝』と人気漫画作品『のだめカンタービレ』『FAIRY TAIL』がコラボレーションした『紅茶花伝 ロイヤルミルクティー ~癒しとくつろぎのセリフボトル~』が限定発売。さっそく近くのコンビニでゲットしてきました。

セリフ付きボトルを贈れば、いつもより気持ちが伝わるかも!?


今回手に入れることができたのは470mlサイズのボトル。同じパッケージで、飲みきりサイズで持ち歩きに便利な280mlのボトルもあります。


パッケージの表には、『のだめカンタービレ』と『FAIRY TAIL』それぞれおなじみのキャラクターたちがティータイムを楽しむ描き下ろしのイラストが!


『紅茶花伝』といえば、スリランカの高級茶“ウバ茶”の香り高さとぜいたくなミルク感が魅力。根強いファンをもつ紅茶飲料のロングセラーです。アイスでもホットでも美味しくいただけますよね。


まずは『のだめカンタービレ』のデザインボトルからご紹介。クールな千秋先輩が甘~いロイヤルミルクティーを楽しんでいる場面は、なかなかにグッときます!

「さあどうぞ 千秋先輩」【のだめカンタービレ/講談社刊】2巻lesson10より
「何事も考え方ひとつだ!」【のだめカンタービレ/講談社刊】12巻lesson70より

“癒しとくつろぎ”をテーマに、ラベルには作品中の名セリフがデザインされ、どんなときに発した言葉なのか、解説も読むことができます。作品を読んだことがある人とっては当時の感動がよみがえること間違いなしですが、読んだことのない人も意外と考えさせられるであろうセリフもちらほら。デザインは各作品10種類。今回は一部を紹介していますが、あなたもぜひ自分にぴったりのセリフを見つけてみてくださいね! 


続いて『FAIRY TAIL』のデザインボトル。ティータイムらしく、メイド風の衣装に身を包んだルーシィがキュート!

「ありがとうございます・・」【FAIRY TAIL/講談社刊】6巻第43話より
「そして常に 優しくあれ」【FAIRY TAIL/講談社刊】19巻第155話より

心に響く名セリフの数々……。自分でコレクションするのも良いですが、人にプレゼントをすれば、普段はなかなか言葉にできない照れくさい気持ちもさりげなく伝えることができそうですよね。せっかくなので編集部にいた周りのスタッフたちにも差し入れして、感想を聞いてみました。

(もらった感想は……?)

・『のだめ』の登場人物の中ではちょっとマニアックですが、オーボエ奏者の重要人物、黒木君。フランスでの勇気づけられるシーンが今回パッケージで登場していてファンとしてはかなりテンション上がりました! 落ち込んだときに、このパッケージを眺めながら『紅茶花伝』を飲めば何か勇気づけられるかも。(30代男性)

・無類の『紅茶花伝』好きかつ漫画大好きな自分にとって、今回のコラボはうれしいです。大好きな千秋先輩が紅茶を飲んでいる描き下ろしイラストにドキドキ。一緒に飲んでいる気分になって癒しのひとときを楽しもうと思います。(20代女性)

・『FAIRY TAIL』の男前女子エルザの戦闘後の名シーン。全巻読んできているはずなのに、感動の名場面を意外と忘れていることに気づきました。漫画をもう一度読み返したくなりました。(20代男性)

・漫画は読んだことがないのですが、セリフのひとことひとことが意外に深いです。メッセージ性もあるので、手紙を付けるほどでもないちょっとした差し入れとして、新しいコミュニケーションツールとしても使えそうです。(40代女性)


ほっとする甘さが、ひとやすみにぴったりの『紅茶花伝』。今回の限定ボトルは4月27日から7月下旬までの限定発売です。なくなり次第終了なので、お気に入りのキャラクターのセリフデザインは早いうちに確保することをオススメします! 

『紅茶花伝 ロイヤルミルクティー ~癒しとくつろぎのセリフボトル~』製品概要
発売日:4月27日~7月下旬(なくなり次第終了)

コラボレーション漫画:
『のだめカンタービレ』『FAIRY TAIL』
※前面デザインは全2パターン(各作品1パターン)
※背面デザインは全20パターン(各作品10パターン)

価格:
470mlPETボトル / 151円(税抜き)
280mlPETボトル / 124円(税抜き)

販売地域:全国

紅茶花伝 公式ブランドサイト
http://c.cocacola.co.jp/kochakaden/

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP