ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パリス・ヒルトン、誘拐未遂もあったお馴染みの愛犬が死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パリス・ヒルトンの愛犬であるチワワのティンカーベルが亡くなったそうだ。ヒルトンが4月21日にインスタグラムで報告している。

 ヒルトンにとってのティンカーベルはおそらく、一番の親友であると共に一番のアクセサリーとして知られており、カバンに入れて運ばれている姿や彼女のモデルの仕事で一緒にポーズをとるところが頻繁に目にされてきた。また、ティンカーベルは誘拐未遂事件も乗り越えており、2014年に1週間行方が分からなくなった時も、5,000ドル(約60万円)の謝礼金により無事に戻ってきたこともあった。

 ヒルトンはインスタグラムに、「失意のどん底よ。とても悲しくてショックだわ。素晴らしい14年間を一緒に過ごした、私のかわいいティンカーベルが老衰で亡くなったの。家族の一員を亡くしたような気持ち。彼女はとても特別で素晴らしい存在だったの。一緒にいろんなことをやってきたわ。逝ってしまったなんて信じられない。彼女のことが恋しいし、一生忘れることはないわ。ティンキー、愛してる。あなたは偉大よ。絶対に忘れないわ」と綴っており、ティンカーベルを偲んで写真やビデオを投稿している。

関連記事リンク(外部サイト)

ロバート・ダウ二-Jr. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のポスター解禁
シュワルツェネッガー&トム・クルーズ、豪華2ショットが実現
マイリー・サイラス、交際していたシュワちゃんの息子と破局か

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP