ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シシド・カフカ 斉藤和義/KenKenら参加のセッションミニアルバム発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビ系ドラマ木曜劇場『医師たちの恋愛事情』主題歌「Don’t be love feat.斉藤和義」のMVが、YouTubeで13万再生を突破したシシド・カフカ。セッションミニアルバム『K5(Kの累乗)』を6月17日にリリースすることが明らかになった。

 個性溢れるアーティストたちをフィーチャリングしたセッションミニアルバム『K5(Kの累乗)』(※K5はKの上に数字の5(ヨミ:ケイノルイジョウ))は、現時点で斉藤和義とRIZE、Dragon Ash、LIFE IS GROOVEで活躍するベーシスト KenKenの参加が決定している。これについてKenKenは、「ベースとドラム、リズムを中心に何かカッコイイことが出来ないかと思い、悩んだ挙げ句、今回の楽曲にしました。彼女特有のストレートなロック感を大事にしつつ、いい意味で期待を裏切る楽曲に仕上がっていると思います。今回のセッションでミュージシャンとしてのシシド・カフカをわかってもらえるのではないでしょうか。ドラムプレイも歌も見た目も完璧人間です。」と語っている。

 なお、セッション・ミニアルバムにも収録される新曲「Don’t be love feat.斉藤和義」が、4月29日より配信スタート。そして6月17日のアルバムリリース当日には、渋谷TSUTAYA O-WESTでのレコ発ワンマンライブも決定している。

関連記事リンク(外部サイト)

シシド・カフカ ドラマ『医師たちの恋愛事情』主題歌MVで斉藤和義と共演
シシド・カフカ『医師たちの恋愛事情』主題歌「Don’t be love feat.斉藤和義」本日一斉解禁&最新ビジュアル公開
シシド・カフカが斉藤和義プロデュースによる新曲「Don’t be love」をリリース決定 斎藤工主演のドラマ主題歌

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP