ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

爪がトラックパッドに!新ウェアラブルの「NailO」は親指につけて操作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートウォッチやスマートリングなど、ウェアラブル開発が興隆を迎える昨今。

その市場に加わろうとしているのが、マサチューセッツ工科大学メディアラボの研究者が手がける「NailO」。親指の爪につける“付け爪”タイプで、指先でスマートフォンなどを操作できるという。

・作業の邪魔にならない!

NailOは、トラックパッドのようにして使う。親指の爪につけたNailOの表面を人差し指でなぞったりすると、連携する端末のスクリーンをスクロールしたり、スケッチしたりすることが可能になる。

メリットとしては、両手をほぼ自由に使えることが第一に挙げられる。例えば、PCでレシピを見ながら料理をしているとしよう。作業が進むにつれ、レシピ画面をスクロールする必要が出てくるが、そんなとき、NailOをさっと上になぞればPC画面が下に動く、というふうに使える。

・操作の精度は92%

NailOはかなり薄く、その中にセンサーやBluetoothチップ、バッテリーが組み込まれている。研究チームはこれらのスリム化にかなり苦労したようだ。

出来上がったプロトタイプでは、5つの動作まで認識させることができ、精度は現在92%という。実用化にはまだしばらく時間がかかりそうだが、今後さまざまな使い方が出てきそうだ。

マサチューセッツ工科大学

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP