ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブラー、待望の新作『The Magic Whip』全曲試聴がスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1991年にデビューして以来、英国的な知的さに富んだ魅力的なサウンドで90年代のブリットポップ旋風を世界中に巻き起こしているロック・アクト Blur。彼らがいよいよ前作より実に12年振り、オリジナルの4人編成での作品としては実に16年振りとなる最新作『The Magic Whip』を4月29日に発表する。そのアルバムの発売に先駆け、iTunes Storeにてアルバム収録曲全曲の先行無料試聴がスタートした。

また現在、iTunes Storeでは、アルバム『The Magic Whip』の、予約注文(プレオーダー)も受付中となっており、いま予約するとアルバムからの先行配信中のリード・シングル「ロンサム・ストリート」を含む、「ゴー・アウト」「ゼア・アー・トゥー・メニー・オブ・アス」「マイ・テラコッタ・ハート」「アイ・ブロードキャスト」の5曲がその場でダウンロードできるようになる。アルバムを無料試聴し、予約注文を行なえば、一般発売より一足先にその5曲を入手できるということだ。

今作は2013年の春のツアーの合間となった5日間の休日を使って、香港の九龍にあるAvon Studiosでレコーディングされた音源が元になっているという。その後しばらくその音源はメンバーの元で眠りにつくことになるのだが、2014年11月、グレアム・コクソンがその時のレコーディング音源と再び向き合い、ブラーの初期のプロデューサーでもあるスティーヴン・ストリートと連絡を取ったことがきっかけとなり、彼と共にバンド・メンバーが集結、香港でレコーディングされた音源に取り組んでいったのだという。その後、デーモン・アルバーンがその楽曲達に歌詞を付け加えて完成させたのが、全12曲(日本盤はボーナス・トラック1曲を追加した全13曲)を収録したこの最新作『The Magic Whip』なのだ。

現在までに「ゴー・アウト」「ゼア・アー・トゥー・メニー・オブ・アス」、リード・シングル曲となる「ロンサム・ストリート」「マイ・テラコッタ・ハート」、そして「アイ・ブロードキャスト」という5曲が公開されている。ブラー特有のあのひねくれたポップ感とグレアム・コクソンのギター・ワーク、そしてブリットポップ全盛期のあの空気感が凝縮されたかのような楽曲が公開されるたびに、世界中のファンが歓喜の声を上げていたのだが、このiTunes Storeでの先行試聴で、ついにそのアルバムの全貌を体験できることになる。ここで聴けるアルバムは、まさに「ブラー」にしか鳴らすことができない、UKロックという名をそのまま体現するかのような作品となっている。

■アルバム『The Magic Whip』 iTunes Store先行無料試聴
https://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewFeature?cc=jp&id=980117797

「ロンサム・ストリート」ビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=oo55vzpL85w

「ゴー・アウト」リリック・ビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=Sp1ks7PTzng

アルバム『The Magic Whip』
2015年4月29日発売
WPCR-16444/¥2,457+税
<収録曲>
1. Lonesome Street / ロンサム・ストリート
2. New World Towers / ニュー・ワールド・タワーズ
3. Go Out / ゴー・アウト
4. Ice Cream Man / アイスクリーム・マン
5. Thought I Was A Spaceman / ソート・アイ・ワズ・ア・スペースマン
6. I Broadcast / アイ・ブロードキャスト
7. My Terracotta Heart / マイ・テラコッタ・ハート
8. There are Too Many of Us / ゼア・アー・トゥー・メニー・オブ・アス
9. Ghost Ship / ゴースト・シップ
10. Phyongyang / ピョンヤン
11. Ong Ong / オン・オン
12. Mirror Ball / ミラー・ボール
13. Y’All Doomed / ヤオール・ドゥームド
※日本盤ボーナス・トラック

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Blur オフィシャルHP
ブラー、待望の最新アルバムを4月29日に発売&iTunes予約注文スタート

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP