ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、端末データや設定内容をauスマートパスや Micro SD カードにバックアップできる新アプリ「データお預かりアプリ」を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI が au スマートフォン・タブレット向けに端末データや設定内容を au スマートパスのクラウドストレージや Micro SD カードにバックアップできる新アプリ「データお預かりアプリ」を本日発売された Galaxy S6 edge を皮切りに提供すると発表しました。データお預かりアプリでは、アドレス帳、写真、動画、ブックマーク、カレンダー、Eメール(@ezweb.ne.jp)、SMS、インストールアプリの一覧、ホーム画面上のアプリ配置、発着信履歴、キーボードアプリのユーザー辞書、Wi-Fi 接続設定、ホーム画面の壁紙、着信音や通知音の設定をまとめてバックアップでき、必要に応じて個別にリストアできます。アプリの機能としては、以前からある「au バックアップアプリ」、「au Cloud」、「Friends Note」を統合したもので、データをクラウドストレージ「au スマートパス」のサーバ上や Micro SD カードに保存できます(クラウドストレージの容量は au スマートパス会員が最大 500GB まで、それ以外は 1GB です)。Android 側の対応機種は 4 月 23 日以降に発売される Android 5.0 を搭載したスマートフォン・タブレット。Galaxy S6 edge を含む。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperia ZL2の海外モデル「Xperia Z2a(D6563)」にAndroid 5.0.2(23.1.A.0.726)へのアップデートを配信開始
Android Wear v1.1で複数のスマートウォッチの同時接続が可能に
LG、Android Wearスマートウォッチ「LG Watch Urbane」を4月28日に国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP