ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宝塚OGによるカバーアルバム第2弾発売決定 昭和の歌謡名曲が男役歴代トップスター達によって蘇る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月21日に、J-POP男性ボーカリストのカバーアルバム『麗人 -REIJIN-』をリリースし、大きな反響を呼んだ宝塚歌劇団OG。7月1日にカバーアルバム第2弾となる『麗人REJIN -Showa Era-』をリリースすることが明らかになった。

 今作は、昨年100周年を迎えた宝塚の歴代男役トップスターが、戦後70年を記念して昭和の歌謡曲黄金時代の名曲をカバーする作品で、参加するのは、杜けあき/涼風真世/高嶺ふぶき/稔 幸/えまおゆう/姿月あさと/湖月わたる/彩輝なお/春野寿美礼/貴城けい/蘭寿とむ/壮 一帆の12名。“男役を極めた女性”という特異な経歴を持つトップスターたちの“男よりも男らしく、女よりも女らしい”歌唱は、圧倒的かつスタイリッシュな歌唱と芳醇な表現力で、名曲に新たな息を吹き込んだ。

 演奏陣には、昭和を代表するビッグバンドの名門、宮間利之とニューハードが全面参加。アレンジャー&指揮者の山木幸三郎や、ピアニストのテディ池谷などのゲストも加わり、まさに昭和歌謡全盛時代を再現したゴージャスなオーケストレーションで名曲に華を添える。

 さらに、“紅白”の衣装を身にまとった煌びやかなアーティスト写真も公開。男唄を歌う人が「白」、女唄を歌う人は「紅」となっており、それぞれが元タカラジェンヌならではの個性が発揮された非常にインパクトのあるビジュアルとなった。

 また、7月22日 渋谷公会堂にて発売記念コンサートの開催が決定。昭和の時代に数々の音楽番組が公開生放送された伝説の場所で、宮間利之とニューハードの演奏により開かれるゴージャスな歌謡ショーに是非注目して欲しい。

◎カバーアルバム『麗人 REIJIN -Showa Era-』
2015/7/1 RELEASE
VICL-64369 3,000円+税
収録曲(曲順は未定:)
壮 一帆「黒い花びら」(オリジナル:水原 弘、1959年)
蘭寿とむ「瑠璃色の地球」(オリジナル:松田聖子、1986年)
貴城けい「いい日旅立ち」(オリジナル:山口百恵、1978年)
春野寿美礼「時に流れに身をまかせ」(オリジナル:テレサ・テン、1986年)
彩輝なお「人形の家」(オリジナル:弘田三枝子、1969年)
湖月わたる「勝手にしやがれ」(オリジナル:沢田研二、1977年)
姿月あさと「恋人よ」(オリジナル:五輪真弓、1980年)
えまおゆう「別れの朝」(オリジナル:ペドロ&カプリシャス、1971年)
稔 幸「恋人も濡れる街角」(オリジナル:中村雅俊、1982年)
高嶺ふぶき「夜来香[イエライシャン]」(オリジナル:山口淑子[李 香蘭]、1950年)
涼風真世「見上げてごらん夜の星を」(オリジナル:坂本 九、1963年)
杜けあき「恋」(オリジナル:松山千春、1980年)

◎イベント【“麗人 REIJIN -Showa Era-”CD発売記念コンサート】
7月22日(水)渋谷公会堂
出演:
杜けあき、高嶺ふぶき、稔 幸、えまおゆう、姿月あさと、
湖月わたる、彩輝なお、貴城けい、蘭寿とむ、壮 一帆
(*注:涼風真世、春野寿美礼は、コンサートへの出演予定はありません)
昼の部:13時30分 開場 / 14時30分 開演
夜の部:17時30分 開場 / 18時30分 開演
料金:S席 10,000円 / A席 8,500円
演奏:宮間利之とニューハード、他

関連記事リンク(外部サイト)

華原朋美が小室哲哉とのツーショット写真を公開「小室さんの演奏はカッコよくていつも鳥肌がたちます!」
フジテレビ『水曜歌謡祭』2回目がオンエア、小室哲哉が「僕を終わらせた」と嫉妬を明かした90年代の名曲とは?
TV Review:LOVE PSYCHEDELICO『SONGS』 とかく強調された“ビートルズからの影響”への違和感

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP