ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPO、急速充電技術「VOOC」の優位性を比較動画でアピール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー OPPO が同社のスマートフォンに搭載している「VOOC」という急速充電技術について、その仕組や他社の急速充電技術の違いを紹介した動画を同社の YouTube チャンネルで公開しました。OPPO が言うには、VOOC では急速充電非対応の一般的なスマートフォンよりも 4 倍の速く充電できるそうです。例えば、3,000mAh のバッテリーを搭載した OPPO Find 7 の場合だと 約 30 分でバッテリーの 75% 程度まで充電できるとされています。OPPO が公開した動画では VOOC 対応の「OPPO N3」(3,000mAh バッテリー)と Qualcomm の Quick Charge 2.0 対応の「Galaxy S6」(2,550mAh バッテリー)や「Nexus 6」(3,220mAh バッテリー)、急速充電非対応の「iPhone 6 Plus」(2,915mAh バッテリー)を残量 2% から同時に 30 分間充電してそれぞれの充電容量を比較するテストが行われています(ディスプレイ点灯時と消灯の 2 回)。テスト結果ディスプレイ消灯時:OPPO N3 は 71%、Galaxy S6 は 56%、Nexus 6 は 41%、iPhone 6 Plus は 10%ディスプレイ点灯時:OPPO N3 は 69%、Galaxy S6 は 24%、Nexus 6 は 34%、iPhone 6 Plus は 11%これらの結果から、OPPO N3 と iPhone 6 Plus は画面の点灯状態によらずほぼ同じ容量を充電できること、VOOC は Quick Charge 2.0 よりも 1.26 ~ 1.73 倍(ディスプレイ消灯時)または 2.02 ~ 2.85 倍(ディスプレイ点灯時)も速く充電できることを読み取れます。先日紹介した Quick Charge 2.0 対応の「Aukey 10,000mAh 大容量モバイルバッテリー」では約 30 分の充電時間で Nexus 6 のバッテリーを 44% まで充電でき、「すげー」と思っていたのですが、OPPO の VOOC はそれを上回るものでびっくり。VOOC は Quick Charge 2.0 と同じく規格が一致した端末と充電器が必要です。OPPO 製品の場合は、OPPO Find 7 以降の機種に VOOC が搭載されています。おそらく、今後発表される「OPPO Find 9」や「OPPO R7」も VOOC に対応すると予想されます。


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、Android Wearスマートウォッチ「LG Watch Urbane」を4月28日に国内発売
Microsoft、プレビュー提供していたAndroid版「Microsoft Outlook」を正式版に昇格させて改めてリリース
Sony Mobile、Xperia C3とXperia T2 UltraのAndroid 5.0アップデート(19.3.A.0.470)を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP