ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG、Android Wearスマートウォッチ「LG Watch Urbane」を4月28日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG が Android Wear を搭載した最新スマートウォッチ「LG Watch Urbane(LG-W150)」を日本や米国、英国、インドを含む世界 13 カ国で発売すると発表しました。販売チャンネルは Google ストアで、4 月28 日より購入できるようになるそうです。LG の地元韓国では 4 月 24 日に現地の大手キャリア 3 社より発売されます。LG Watch Urbane は Android Wear の最新版を搭載して発売されるスマートウォッチで、1.3 インチプラスチック OLED ディスプレイ、Snapdragon 400 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、512MB RAM、4GB ROM、9 軸センサー(加速度、ジャイロスコープ、コンパス)、気圧センサー、心拍センサー、410mAh バッテリーなどを搭載しています。ボディのリムにはメタル素材を採用しており、既存モデルよりも高級感の高い外観となっています。また、本体は IP67 レベルの防水・防塵に対応しています。LG Watch Urbane は、Google がリリースを発表した Android Wear のメジャーアップデートをいち早く受け取れる機種で、Wi-Fi を利用できるので、スマートフォンがなくても通知を受信したり、音声コマンドを実行することが可能になります。また、手首のすナップで通知をスクロールする新ジェスチャーや画面に図形を描くことでそれに似た絵文字を送信することも容易になります。LG Watch Urbane の韓国価格は 39 万 6 千ウォン(約 43,000 円)。日本での販売価格は発表されていませんが、先日、英国の携帯ショップ Clove が £224.99(約39,000円)+ VAT で予約を開始したこともあり、日本での販売価格も 40,000 円と予想されます。Source : LG


(juggly.cn)記事関連リンク
Microsoft、プレビュー提供していたAndroid版「Microsoft Outlook」を正式版に昇格させて改めてリリース
Sony Mobile、Xperia C3とXperia T2 UltraのAndroid 5.0アップデート(19.3.A.0.470)を開始
LG G4のディスプレイは緩やかにカーブしている、バッテリーも交換できるらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP