ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都内のオモシロ写真撮影スポット5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


もうすぐ華のゴールデンウィーク! 連休を利用して観光地に出かける人もいるだろうが、どこもかしこも混雑しているため、観光地に嫌気が差している人もいるはず…そんな人は、あえて都内の穴場撮影スポットを回ってみてはいかがだろう? 恋人と回っても楽しいし、皆が観光地の写真をSNSにあげるなか、あえて驚きの写真をアップすれば注目度が上がること間違いなし! すべて写真付きで紹介できないのが残念だが、この機会に足を運ぶ価値アリの5カ所をピックアップ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

●東京ドームシティ内宇宙ミュージアム「TeNQ」(テンキュー)

最寄駅:JR/水道橋駅

2014年7月にオープンした、“宇宙を感動する”がコンセプトのミュージアム。大型映像や音響・暗転を演出効果に取り入れたコンテンツがたくさんあり、浮遊感や臨場感が楽しめるような展示の仕方が「予想の斜め上を行く面白さ」などTwitterでも評判。宇宙人とベンチに座ってキスショット写真が撮れたり、UFOにさらわれているかのような写真が撮れたり…と、ユニークな撮影ポイントにも注目。

●舎人いきいき公園

最寄駅:日暮里・舎人ライナー/見沼代親水公園駅

小さい敷地に、おとぎ噺を思い起こさせるフォトジェニックな遊具がたくさん。大きな桃が鎮座する砂場、巨大な赤鬼の口から滑り降りる滑り台、タヌキやウサギや泥舟のオブジェなど、童心に返って楽しみながら、思い出に残る一枚を撮ってみよう。

●デビアス銀座ビルディング

最寄駅:有楽町線/銀座一丁目駅

ビル群がそびえる東京には、アーティスティックな建物も多い。なかでもマロニエ通り沿いにある複合商業ビル「デビアス銀座ビルディング」のゆがんだフォルムの衝撃的な外観は、撮るだけでトリックアートとして成立しそう。様々な角度からの撮影にチャレンジしたくなる。

●豪徳寺

最寄駅:小田急小田原線/豪徳寺駅

招き猫発祥の地として知られる寺院。願いが叶った後に招き猫を返納するとご利益があるといわれるため、祠にはおびただしい数の招き猫が並ぶ(多いときには1000体を超えるそう)。招き猫だらけの写真は圧巻。ちなみに、滋賀県彦根市のゆるキャラ「ひこにゃん」は、この寺の招き猫がモデルになったとの説も。

●證願寺

最寄駅:京成押上線/京成立石駅

敷地内に住職が館長を務めるプラネタリウムが併設されていることでも注目を集める寺院。門に描かれた謎の猫のイラスト、寺には似つかわしくないライオンの石像や白雪姫に登場する7人の小人の石像(のようなもの)、茂みから除く恐竜の造形物など、摩訶不思議な世界観にシャッターを押さずにはいられない!?

上記の5カ所以外にも、「鼻からじゃないの!?」とツッコミたくなるようなゾウの滑り台(都電荒川線/飛鳥山駅・飛鳥山公園)や、「せんとくん」にそっくりな童子の像が走り回る公園(京王電鉄京王線/府中駅・童々広場)など、思わず目を疑いたくなるような写真が撮れるスポットがたくさん。このGWは、観光地での記念写真とはひと味違うオモシロ写真を撮って楽しんでみない?

(村部春奈/H14)■東京ドームシティ内宇宙ミュージアム「TeNQ」

URL:http://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

都内のオモシロ写真撮影スポット5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

女子が望むGWのデートTOP10
“言葉にしづらいこと”を伝える最新スマホサービス3選
彼女に見られたくないスマホのデータTOP10
男の“夜の愉しみ”スマホで○分減!?
油井さんと…!? スマホで宇宙体験etc

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP