ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハッとするほどの美肌を育てるには「有酸素運動」が一番!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

150420bihada.jpg
肌を育てるために運動するという人はあまりいません。しかし、運動による美肌効果はものすごいんです。
私自身ここ2~3年、運動を習慣にしてから目立った肌荒れなく過ごしてきました。
ですが、年明けから約1か月間、まったく運動しなかっただけで足指はしもやけになり、腰まわりにニキビがポツポツ出現。
あたりまえと思っていた私の肌を支えていたものは、運動だったと実感しました。どうして運動で美肌がつくられるのでしょう?

毛細血管が30倍~50倍増える

毛細血管って、意外とすぐ増えたり減ったりするんです。
1日30分以上、週3回の有酸素運動を半年続けると、毛細血管はなんと30倍~50倍増え、逆に運動しなければ数10時間で減っていくそう。
運動をやめた途端しもやけができたのも納得です。

肌まで栄養と酸素を届ける

摂取した栄養素を全身の細胞や肌に届けるのも有酸素運動です。血流の勢いに乗って酸素と栄養が毛細血管から肌に届き、二酸化炭素と老廃物を回収。
新陳代謝がよくなり、肌の生まれ変わりがスムーズに行われます
私の場合、運動をやめてからずっと居座っていたニキビが、ウォーキング再開後にどんどん小さくなっていきましたよ。

自力で熱をつくって汗をかくのが一番

運動しなかった期間、入浴で汗をかいたり温活グッズでの温めやマッサージ通いなど、普段以上にがんばっていましたが、しもやけもニキビも発生し、改善しませんでした。
やはり外側からの温めや刺激ではなく、自力で体を動かし、内側から熱をつくって汗をかく運動にはかなわないと実感します。
結局、美肌づくりのキーは血流
私のまわりの、肌がみずみずしく透明感あふれる女性たちは、例外なくほぼ毎日ウォーキングやジョギング、水泳などをしています
化粧品で作り込んだ肌とは違う、内側から澄みきったような肌印象に、男性も女性もハッと目を奪われちゃいますよね。私もそんなお肌を有酸素運動で作りたい!
sneakers image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
時間がないときの紫外線対策は「パウダーファンデ」がいい
知っていると便利! 「旅行中に役立つ美容ネタ」まとめ
韓国女性が愛飲する「ミスカル」は、ダイエットの救世主

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。